音楽制作

音楽制作の御依頼について

投稿日:2017年02月20日 更新日:

ご要望にそった音楽を制作致します。
クラシック、クラブミュージック、ポップス、ロックと幅い広く対応しており
現在主にWEBCMやYouTube映像で使用するためののBGM、アプリ用のBGM、効果音、イベント用の音楽等のご依頼を頂いております。

 

ご使用の用途やご要望によって金額は変動いたしますが、
概ね30秒あたり5000円(2分曲であれば2万円)でほぼ固定しております。

ご依頼→見積もり→制作→ご試聴→ご購入

の流れになります。

楽曲ができたもののイメージとちがった場合などはキャンセルOKです。

ご依頼、お見積り、お問合わせは以下フォーム
またはatagosounds@gmail.comまでお願い致します。

・ご希望のジャンル
・楽曲の長さ
・参照してほしい楽曲や既存の動画(Youtube映像など)
・楽曲の使用用途
・すでに使用する動画ができている場合はそのプライベートリンクやイメージ

をお伝え下さい。


ご利用例


作品例

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart1

この動画がミックスに関してすごく面白かったので、適当な和訳とまとめを書いて見ようと思う。 このシリーズはNutrionやOzoneを販売しているiZotopeによる動画。iZotopeは他にも良質なチ …

ローカットの基準とコツ

今回はローカットについて。 ローカットがうまくなるとミックスをすっきりさせて細かい音をきれいに通せるようになります。 Sponsored Links そもそもローカットとは? その名の通り各トラックの …

オートメーションでMIXのクオリティは一気に上あがります!

ミックスは上手くいっているはずなのに、なんとなくパッとしないっていうときは、オートメーションをしっかりやっていないのからかもしれません。 Sponsored Links まずDTMにおける「オートメー …

FutureBassっぽくする条件

FutureBassのご依頼を頂きまして、リファレンス曲を聞きまくったのでその中でFutureBassっぽさを出す上で役立つだろうと思われるチップスを書いておきます。 なお例示するために別途新しい曲を …

良い曲はいつも情報量が多い

昨今、アニメーションの世界では「情報量」という言葉が重要視されているらしいです。 いかに作品の中に情報量が入っているかということがその作品のある意味での価値基準として使われる。 Sponsored L …

スポンサードリンク