音楽制作

音楽制作の御依頼について

投稿日:2017年02月20日 更新日:

ご要望にそった音楽を制作致します。

シネマティッククラシック、クラブミュージック、ポップスと幅い広く対応しており
現在主にWEBCMやYouTube映像で使用するためののBGM、アプリ用のBGM、効果音、イベント用の音楽等のご依頼を頂いております。

 

ご使用の用途やご要望によって金額は変動いたしますが、
1分楽曲にして概ね2万円〜10万円になります。

ご依頼→見積もり→制作→ご試聴→ご購入

の流れになります。

楽曲ができたもののイメージとちがった場合などはキャンセルOKです。

ご依頼、お見積り、お問合わせは以下フォーム
またはatagosounds@gmail.comまでお願い致します。

・ご希望のジャンル
・楽曲の長さ
・参照してほしい楽曲や既存の動画(Youtube映像など)
・楽曲の使用用途
・すでに使用する動画ができている場合はそのプライベートリンクやイメージをお伝え下さい。


詳細な採用実績におきましては、クライアント様より公開のご承諾をいただいておりませんで、お問い合わせいただければ、メールに紹介させて頂きます。

ご利用例


作品例

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ローカットの基準とコツ

今回はローカットについて。 ローカットがうまくなるとミックスをすっきりさせて細かい音をきれいに通せるようになります。 Sponsored Links そもそもローカットとは? その名の通り各トラックの …

ミックス時のモニタリングレベルの話

ミックスする際にどのくらいの大きさでモニタースピーカーをならすのがいいのかについて書きます。 Sponsored Links 結論から書くと「モニターボリュームをつねに上げ下げする」ということになりま …

オートメーションでMIXのクオリティは一気に上あがります!

ミックスは上手くいっているはずなのに、なんとなくパッとしないっていうときは、オートメーションをしっかりやっていないのからかもしれません。 Sponsored Links まずDTMにおける「オートメー …

自分の部屋の低音の特性をチェックしておく方法

ベースのフレーズを作っているときなんかに ある音程は大きくて別の音程は小さいっていう状況に出くわしたことがあると思います。 Sponsored Links これはお使いの楽器やプラグインに問題があるわ …

ミックスで音がこもっているときの対処法

前回、制作記録の中で書きましたが、高域に関してはマスタリング前にEQで無理やり上げても上手くまとまるし、かえってトラック単体を扱うよりうまくいくケースが割りとあります。 ところが中低域に関してはまった …

スポンサードリンク