メンタリティー

毎日、淡々と制作できる人になるために心がけていること

投稿日:2017年03月28日 更新日:

フリーランスの音楽家なので毎日音楽を作らないと生きていけない。

クライアントさんから依頼があってたり、プロジェクトに参加していたりすれば、もちろん目の前にすべき事の山があるわけだけど、
そうじゃなくてもストックミュージックの制作(オーディオジャングルとオーディオストック)やら仕事用のデモやらコンサートの準備やらを、常にやってないといけない。

そうしないと生きて行けないわけです。

Sponsored Links

現状、ドイツに住んでいるのですが生活費が東京と比べて圧倒的に安いというアドバンテージがありつつも、ビザの関係でアーティスト活動以外にお金を稼いじゃいけないことになっているので、おおっぴらにバイトもできない。

だから大事なのは素晴らしいインスピレーションを得てすごい作品を1つ作ることではなくて、
淡々と毎日、会社に行くように畑を耕すように音楽を作り続けること。

それができるかが生命線になると感じています。

そのために僕がこころがけている考え方がスモーレストステップという考え方。
その名の通りすべきことを細分化して最も小さなステップにしてすすんで行くという考え方です。

この本によると4sとはsmall short simple slowの4つらしい。
(本を読んだのが大分前なので内容が自分ナイズされてしまっているかもしれません。)

小さく、短く、単純で、ゆっくり
つまり

ゆっくりやっても10分位で終わらせられる、結果に対して大きな影響をもたらさない単純なこと。

僕は頑なにこれを守って作業しているのですが、さらに加えて一つ一つのステップをすべてEvernoteや紙に書くようにしている。

そして50分ごとに5個のスモーレストステップをこなすようにしている。

不思議なんだけど、だいたい流れがわかっている楽曲制作の場合、早くて50遅くて70のスモーレストステップで完成する。

だから僕は安心してただ淡々とステップをこなしていけばいい

たとえば締め切りが迫っている制作を焦ってやったとしても、淡々とスモーレストステップをこなして機械のようにやったとしても完成までのトータルの時間は変わらないです。

それどころか焦るという状況は(特に僕の場合は)かえって制作の進行を遅らせることがほとんどなんです。

制作が前に進まない時は、おおむね作業がこのスモーレストステップから離れてしまっている時。

曲の完成を急いでしまっていたり、まだできてすらいない作品の評価が気になってしまったり。

さらに、作りかけの曲がいい感じで熱中してしまっているときですらそれは起こり得ます。

だから常にタスク化した最も小さな単位を1時間に5つくらいこなすことに戻るようにします。

作品の完成という状況は、自分が作業をやった後に来る結果です。
人の評価やそこから得られる収入も自分がやったことのあとにくる結果。

それは作業する中ではほとんど意識する必要のないことであり、無駄なリソースの浪費だと僕は考えています。

2017-05-23追記
ここにブログを書くようになって最近は毎日1記事書くようにしているのですが、これについても同じだと気づきました。

とりあえずテーマになりそうなことを10分間思いつくだけ上げてみよう。
一つのテーマで10分だけ書いてみよう。
内容に加えられそうなネタを10分間探してみよう。

みたいな感じでただただ淡々と1mmずつ進めていく。
結果そっちのほうがすんなり書き終わりますね。

 

Sponsored Links

Sponsored Links

-メンタリティー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダウナー期の作曲との向き合い方

テンションやモチベーションが高い時はどんどん曲を作れますが、モチベーション下がって何故か落ち込んでるときは、手も進まないし何も思いつかないっていうことありますよね。 僕はダウナー期と呼んでいます。 S …

村上春樹のチャンドラー方式は音楽家のためにあると思う

ものを作ることの苦しみについて悩んだことのある人は、ネットの検索なんかで村上春樹のチャンドラー方式というものについて読んだことがあるんじゃないかなと思います。 Sponsored Links 僕もネッ …

話題の書籍「アイデア大全」は作曲大全だった

出版されてから欲しくてたまらなかったものの、帰国するチャンスも当分なかったのでAmazonで買って自炊業者に送ろうかと思ってた矢先Kindle版が出てました。 アイデア大全という本、いま巷ですごい話題 …

村上春樹と小澤征爾の対談本から得たDTMで参考になること8つ

村上春樹、小澤征爾著「小澤征爾さんと、音楽について話をする」という本を読みました。 この本は具体的な示唆や技術を得るというよりは、小説と音楽の世界のそれぞれの孤高といってもいい二人の会話の中にある雰囲 …

制作中は無理してでも英語を使ったほうが捗る3つの理由

音楽だけじゃないんですけど、何かを作っているとき、当然頭の中で理屈を練ったり喜んだり怒ったりを言葉を使ってやっていると思います。 その言葉を自分の母国語じゃない、不慣れな第2言語でやってみたらいいです …

スポンサードリンク