音楽制作

iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart1

投稿日:2017年03月28日 更新日:

この動画がミックスに関してすごく面白かったので、適当な和訳とまとめを書いて見ようと思う。
このシリーズはNutrionやOzoneを販売しているiZotopeによる動画。iZotopeは他にも良質なチュートリアル動画を出していて、web上にもミックスを学ぶ人向けのコンテンツを用意してあってすごく助かる。Nutrionも便利なEQコンプっていうだけじゃなくミックスを学べるっていう側面も強いソフトであることを考えると教育やシーンの発展に着目している会社なのかなって思う。

講師はEnrique Gonzalez Müller

Part1ではTIPSは2つ

TIPS No.1 Assess the intension of the songs
TIPS No.2 Organize the tracks

ひとつめ
TIPS No.1 Assess the intension of the songs(楽曲の意図を把握する)

この楽曲は何を表現したいのか把握し、どうやってそれを最大化するかということ考えること。
さらに楽曲を時間軸上のセクションに区切ってそれぞれでどういう雰囲気を作り出すべきかを考えてノートにエモーションマップ書きなさいとのこと。

動画の中では参考曲を流しながらイントロの部分ではこんな感じでバース1ではこんな感じで…と曲全体について自分の汲み取った解釈を話している。

個人的にはエンジニアがいかに作品の中で自分のアーティスト性を発揮するかってことに関して、依頼を受けた楽曲をどういうふうに解釈するかっていう自由度のあるアーティスティックな部分なのかもとか思った。

TIPS No.2 Organize the tracks(トラックを整理せよ)

セッションファイルを整理せよとのこと。
まず時間軸毎にマーカーを書いていく、イントロ、バース(Aメロ)、コーラス(サビ)、ブリッジ、、

次にトラックの名前をきちんとつけて、ドラム、ベース、ギター、ボーカル、、、と順番に並べる。
さらにトラック群毎に色を分けていく。

さらに音の鳴っていない部分をトリミングしてカットした部分はフェイドイン、フェイドアウトを書く。カットすることでどこで何がなっているかがわかりやすくなるから作業がしやすくなる。

とくに自分でミックスする人なんかはここがないがしろになりがちだと思う。
この本にも前半のかなり多く部分を割いてトラックの整理について強調されていた。

Mixing Secrets (Focal Press) [洋書・電子書籍版]

 

Part2書きました。
iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart2

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミックスバランスを一気に良くする手順とTips

ミックスしていく上で最初にやることはそれぞれのトラックのボリュームを決めてバランスを取ることです。 これにはエンジニアごとに結構ちがったりするんですが、僕が一番しっくり来ている方法を書いておきます。 …

音を前に出したい!とりあえず、NewYorkコンプレッションで解決するかも

わりと有名なのかもしれませんが、ドラムの音処理で役に立つテクニックを書きます。 Sponsored Links その名もニューヨークコンプレッション。 ニューヨークのエンジニアがやってて、もともとはモ …

ミックスで音がこもっているときの対処法

前回、制作記録の中で書きましたが、高域に関してはマスタリング前にEQで無理やり上げても上手くまとまるし、かえってトラック単体を扱うよりうまくいくケースが割りとあります。 ところが中低域に関してはまった …

チャンスオペレーションによる現実的発想法、iTune作曲法について

実験音楽やアンビエント・ミュージックを作る人は知ってるであろうチャンス・オペレーション。これを通常の作曲におけるアイデアの発想方法として(私によって)開発されたのがiTune作曲法です。 Sponso …

良い曲はいつも情報量が多い

昨今、アニメーションの世界では「情報量」という言葉が重要視されているらしいです。 いかに作品の中に情報量が入っているかということがその作品のある意味での価値基準として使われる。 Sponsored L …

スポンサードリンク