音楽理論

曲のキーを最速で調べる方法

投稿日:2017年04月03日 更新日:

今日は基本的なことをすごく簡単に。

既存の曲をコピーしたり自分の曲を作ったりしているときに、最初に分かっていないといけないことはだぶん一番重要なことはその曲のキー。Key。

曲のキーが分かってさえいれば使えるコードもあるていど簡単に予想できるし、様々な面でなってる音と鳴らすべき音の予想がつくのです。

既存曲からコード進行を拾ってみようとするときや、作り出したメロディーを組み立てて行こうとするときなんかに最初にやるであろう楽曲のキーの、多分いちばん簡単で早い判別方法を書いて見ようと思います。

Sponsored Links

 

①まず最初に判別したい曲を流しながらピアノやキーボードを鳴らしてみる。

②音が問題なく鳴るキーと明らかに外れてるキーがあるはずだ。そのなかで鳴らせるキーをたんたんとドからシの中で鳴らしていく。

③そうすると2つ続けて鳴らせるキーがあるはずである。

ここでキーはすでに2つに絞られる。その2つ続きのキーの右側かそのキーの5つ左。

④さらに

その2つ続きから3つ離れて右にもう一つ2つ続きがあればキーは左の2つ続きの右側

その2つ続きから3つ離れて左にもう一つ2つ続きがあればキーは左の2つ続きの右側

。。。。。なんだろう、簡単なことを余計ややこしく行っているような気がしてきた。ので紙に書きます。

かなり大雑把です。
キーがメジャーかナチュラルマイナーでセカンダリドミナントが使われてなくて転調していないことが条件ですが、

今の一般的なポップスの例えばサビの中、Aメロの中、Bメロの中という風に区切った中ではほぼ使えます。

この方法でパッとキーを調べて既存の曲のコード進行をどんどん調べたり、
自分が今作りかけたメロディーはキーが何だから使えるコードはコレとコレとって考えるといいと思います。

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽理論

執筆者:


  1. […] キーはAb/Fm、5秒で調べました。秒速でキーを調べる方法はこの記事で書いてます。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

五度圏表でわかることをまとめたゆるい表

作曲にかかせない表、五度圏表。 この五度圏表が手元にあれば分かる事を全部書き連ねてみたいと思います。 Sponsored Links 五度圏表はその名前が示すとおり右に5度ずつ(半音8個)ずつ増えてい …

名著「ベース・ラインで迷わない本」がDTMでもすごく使える

「ベース・ラインで迷わない本」、何年か前に購入して少しやってて、日本から自炊してデータにして持ってきてました。 最近になってすごく役にたったので僕なりのこの本の使い方を書いておこうと思います。 Spo …

ドミナントから始まってるように見えるブルース進行、Pharrelの”Happy”とか

ブルース進行について。 なんかブルースって聴くとかなり渋い感じのイメージですが、特にアメリカで最近売れてる曲でもそのエッセンスがよく使われます。 Sponsored Links この記事でも触れました …

Zedd&Alessia Cara “Stay”の耳コピをしたらサビの2小節だけで十分面白かったので報告

最近は流行っている曲をチェックして勉強するようにしています。 今年に入ってから依頼してもらえたお仕事がEDMとヒップホップばかりなので、 おそらく今はそこに自分が求められていると考えて日々精進してます …

音楽理論的にPunkとFunkは似てると言い張る

90年台中盤ごろのことですが、当時のミュージシャンの志向の移り変わりを「Punk goes to Funk」という言葉で表していた時期がありました。 これはパンクで有名になったミュージシャンはその後フ …

スポンサードリンク