機材、ソフト

普通のイヤホンにEtymoticReserchのイヤーチップを付けたら劇的にいいイヤホンになるよ

投稿日:2017年04月05日 更新日:

タイトルですべて言い切ってしまっているのですが、これをやり始めたときの衝撃が今でも忘れられないので書いておきます。

ETYMOTIC RESEARCHというのはすごく音の良いイヤホンのメーカー名です。

現在後継のER4SRらが出ているER-4シリーズは伝説の名機で耳の奥に突っ込むカナル型のイヤーチップが特徴です。

まさに実際の音をそのまま直接脳にインプットするような音で、すごく見えるイヤホンです。オーディオマニアからサウンドエンジニアまで幅広い層から指示が厚くて僕もER4Sを数年前に購入してからずっと使ってました。

が2年前に断線してしまいましてリケーブルを試すこともなく、ほうったままになってました。純正の売ってないリケーブルがない。。

さらに一方、僕が通常ジョギングの際に使っているソニーのイヤホンMDR-XB41EXというのうのがあるんですが(昔務めていた会社を辞めるとき同僚がくれたもの)、そのイヤーチップを紛失しまったんです。

で、その今は使っていないER4Sのトリプルフランジイヤーチップをソニーのイヤホンに付けて見よう考えたんです。

一見したところ明らかに穴の大きさがER4Sのイヤーチップが小さくて入りそうになかったんですが、

むりやり入れたら入りました。

で音を聞いてみた所、むちゃくちゃいい!
何より遮音性がすごい。遮音性はER4Sと変わらない。今までとは比べもにならない音質になったんです。

本物ER4Sと同じレベルになってるかというと、なってないと思いますが(壊れてしまってるのでどのくらい違うかのレポートができません)いままでこいつとは明らかに別物。ER4Sと遮音性が高いので同様に電車のなかで使っても音をガンガンに上げなくていい。

 

ER4S用の3フランジャーイヤーチップはそれだけ単体でも販売されているのでソニーのイヤホンに組み合わせて使うのはありだと思います。

あっ、ただソニーのイヤホンは使っている型式がかなり前のものなので現行機種が同じ口径(?)なのかはわかりませんが、

しかしこのソニーのイヤホンに対応してるソニーの純正イヤーピースは現行のソニーイヤホンに対応しているみたいなので(ソニーWEBより)多分いけるはずです。

 

-機材、ソフト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Genelec 8010APM、約3年使ってレビュー

ドイツに移住してから最初に買った音楽機材がモニタースピーカーのGenelec8010APMでした。 Sponsored Links 日本から来てすぐで全然お金が無かった(今もないけど)のですが、音楽作 …

シンプルで使い勝手の良いMassiveによる口笛

一年位前にネットで発見したMassiveによる口笛の音です。 どこで見つけた控えてなくて、いろいろ検索して見つからなかったのですが忘れないように書いておこうと思います。 Sponsored Links …

Mac用耳コピソフトTranscribe!とCapoを比較しました

今回は耳コピソフト、 耳コピは勉強という点では本を読むよりも得るものがあると思っています。 Sponsored Links ピアノロールに音程が表示されるタイプ 今日はMacで使える耳コピソフトの比較 …

WAVES E-Channelの使い方を1枚の画像にまとめました

今WAVESのE-ChannelがセールになっててTwitterにどんどん上がってくるので、自分用に使い方を一枚画像にしたものをシェアしておきます。 Related Posts話題の書籍「アイデア大全 …

AutoKeyboardで作曲時間短縮

膨大なサンプルパックからサンプルを選ぶとき選択肢が多すぎて自分で一から作るよりも時間がかかるケースって結構ありますよね。 そんな時に便利なソフトを見つけたので書きます。 Mac用です。 Sponsor …

スポンサードリンク