音楽制作

iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart3

投稿日:

iZotopeのミックス10チップスの動画をザクッと翻訳の3回目です。

Tips4 トラックのボリューム

それぞれのトラックをバスに分けたい。ドラムはドラム、ギターはギターで一つのバスに通したい。
4つのギターが入っているが、それぞれにイコライザーをかけるのではなくてまとめて一つのイコライザーで処理できるようにする。

それを目的とした上で、

現状マスターフェーダーが+4.6dbクリップしている。(プロでもその状態で鳴らすんだなと思って安心した。)

ここからコンプやEQをかけていくのに際して十分なヘッドルーム(-0dBまですきま)が必要だ。

すくなくとも8dbはヘッドルームを開けたい。

24bitで作業をするときは8dbくらいあるのが理想である。

マスターが-8dbになるところまで、全トラックを同時選択してボリュームを落とすして行く。
マスターフェーダーの位置は0dbを維持すること。

これで音楽家サイドの理想的なボリュームバランスとエンジニアサイドの安全性を確保した。

8dbのヘッドルームを開けたらここで初めてBus分けをする
前回のTipsの時点で既にバランスを取っているが、その際にBus分けをしてしまうと、このヘッドルームを開ける作業のなかでBusを通しているトラックだけが2倍レベルが下がってしまうので混乱するから。ヘッドルーム空けをするまでバスわけはするな。

すべてのドラムを3つのテレオバスに入れている。

1,ドライドラム
2,パラレルドラム
3,すべてのドラム(おそらくバス1+バス2)

※ここにどう振り分けられていくのかが知りたかったが、ドラムのバスわけをしている途中で全部のアウトプットを一つのバスに誤ってアサインしてしまったので、予めバスわけされたセッションを開いて仕切り直して、そこは飛ばしちゃったみたいです。

ところで8db下げてるから音が小さくなってて寂しいけどモニターのボリュームを上げろ!とのこと。モニターコントローラーをグーッと上げる様子。

TIPS5 リファレンストラックを用意する

体調が悪かったり、既に長い時間作業をしていたり、あるいはスタジオが変わっったりすることによって音はまったくかわってしまう。

なので基準になる曲を用意する。それがリファレンストラック。

プロの楽曲を持ってくる。
いい曲じゃなくて、いいミックスの曲を探す。

いいリファレンスミックスは何?ってググるとSteely DanのBabylon Sistersとか出てくるらしい。

曲によってふさわしいリファレンストラックは違うので、製作中のが曲にあったものを用意すること。

DAWのトップに貼り付ける。
リファレンス曲は音が大きいので製作中の曲にボリュームを合わせる。

両方の曲を比較してボリュームを揃える。

 

今回はわちゃわちゃしてて所々なんて言ってるかわからないところが多かったです。

-音楽制作

執筆者:


  1. […] 音楽に限らず、客観性が要求される制作物ほどリファレンスの重要性が言われます。 過去記事で書いたiZotopのミックスのTipsの動画の中でもエンリケが強調していました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

はるか遠くから聞こえてくるような音の作り方

今参加してるプロジェクトで太鼓の音が遠くから聞こえてくるという状況を表現しないといけないシーンがあったのですが、そこでやった方法をかいていおきます。 Sponsored Links 今回はLOGICに …

WebCMからYouTuberまで、BGMを選ぶ際に考慮すべきこと

一緒に仕事をした映像作家の友人と飲んでたのですが 広告映像を作るの時のBGMの選び方の話を聞いたので補足しながら書いておこうと思います。 映像作る人にも音楽作る人にも役立つのではと思います。 以下一人 …

村上春樹と小澤征爾の対談本から得たDTMで参考になること8つ

村上春樹、小澤征爾著「小澤征爾さんと、音楽について話をする」という本を読みました。 この本は具体的な示唆や技術を得るというよりは、小説と音楽の世界のそれぞれの孤高といってもいい二人の会話の中にある雰囲 …

iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart1

この動画がミックスに関してすごく面白かったので、適当な和訳とまとめを書いて見ようと思う。 このシリーズはNutrionやOzoneを販売しているiZotopeによる動画。iZotopeは他にも良質なチ …

音を前に出したい!とりあえず、NewYorkコンプレッションで解決するかも

わりと有名なのかもしれませんが、ドラムの音処理で役に立つテクニックを書きます。 Sponsored Links その名もニューヨークコンプレッション。 ニューヨークのエンジニアがやってて、もともとはモ …

スポンサードリンク