音楽制作

iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart4

投稿日:2017年04月07日 更新日:

10 Tips for Creating Better Mixes (Part 4 of 5)
ざっくり翻訳Part4です。
Tips6と7は絡み合ってるらしいです。

Tips6
Scheming the Frequency Spectrum
周波数を練る

 &

Tips7
Safe Guading the Balance
バランスを護る

まず最初にすることはPart3で貼り付けたリファレンスを聞くこと。
どんな味がする?、一番上はどのあたり?下は?真ん中はどのくらい厚い?
それから自分の曲を聴く。
こうやって大きな違いが何かを探っていく。

聴いて比べている

ハイもローも多すぎる。

それぞれの原因になっているのはなにか→キックとオーバーヘッド(ハイハットが入ったドラムのオーバーヘッド)

キックにOzone7のEQを挟む。

キックの一つに大きくハイカットとローカットをかけてリファレンスと聴き比べながらキックのローの強さを調整している。
セーフティーのために少しだけハイパスをかけている。
Ozone7を頻繁にオン・オフして確認。

さらに良くなったと思う所でまたリファレンスを聴いて確認。
客観性はすぐに失われるので常にリファレンスに戻りながら作業をしている

作業はオーバーヘッドへ。
低域がもったりとしているのでハイパスをかける。
シェルフではなくハイパス。
低域にアタックが欲しいからそのためにスペースを空けたいため。

ここで
OzoneだけでなくあらゆるプラグインがA/B比較の機能をもっている。
それはとても重要。
音が大きい方が良く感じるから、サウンドカラーを変えることが目的であっても、聴こえ方のレベルを常に同じに保つようにすること。

ギターへ。
サブの2つのギターがギュウギュウに寄り集まって同じ帯域を取り合っているので分けたい。
ハイミッドギターとローギターとして分けることにする。

よく聴いてみるとハイミッドのギターに低域のハムが聞こえるのでそれを切るためにハイパスをかける。

空気感が欲しいので広域を上げる。ここでも音のキャラクターが変わってボリュームが変わるたびにそれを調整している。

ローギターにもハイパス、さらにローパスもかける。メインのギターのタラララっていう部分を目立たせたいからその部分のスペースを開けるため。

最終的にプラグインをバイパスして変化を見ながら、どのギターがどの部分を担っているかがはっきり分かるようになったことを確認。

EQで周波数を練って音を作って行く過程で重要なことは、EQにしろコンプにしろそれぞれのアウトプットを逐一調整して最初に取ったバランスを崩さないようにすること。

なるほど、たしかに先のTIPSで、すでにバランス決めを終えていますからその作業を尊重してバランスを維持したまま音のカラーを変えて行くということが大事みたいです。

トラックのバランスを決めた上でEQコンプでそれぞれの音をデザインする。そしてEQやコンプの作業中に常にボリュームバランスが崩れないようにプラグインのアウトプットに注意する。そういう意味でTIPS6と7はセットなんですね。

もちろん人によって作業の流れは違うと思いますが、この辺の流れはなんとなくで、すすめてしまうことが多いです。僕は。
そういう意味ではきちんと流れが決まった上で無駄な作業をしないように組み立てられていて勉強になりました。

 

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンテンツIDについて調べてみました

数年前からよく耳にするようになったコンテンツID (Content ID)について調べたので書いておこうと思います。 Related PostsWebCMからYouTuberまで、BGMを選ぶ際に考慮 …

コンプとエキスパンダーとゲートを一瞬で説明したい

先日WAVESのE-Channelの記事をかきましたが、このプラグインにはコンプと同時にエキスパンダーまたはゲートを同時に使えるようになっています。 WAVES E-Channelの使い方を1枚の画像 …

謎の名画の展示を見に行って音楽制作に役立てられそうだと感じたこと

先日、謎の画家と言われるヒエロニムス・ボスの代表作「快楽の園」のインスタレーションを見に行きました。 Sponsored Links ヒエロニムスは15世紀、オランダの画家です。 当時、公式の画家とし …

はるか遠くから聞こえてくるような音の作り方

今参加してるプロジェクトで太鼓の音が遠くから聞こえてくるという状況を表現しないといけないシーンがあったのですが、そこでやった方法をかいていおきます。 Sponsored Links 今回はLOGICに …

チャンスオペレーションによる現実的発想法、iTune作曲法について

実験音楽やアンビエント・ミュージックを作る人は知ってるであろうチャンス・オペレーション。これを通常の作曲におけるアイデアの発想方法として(私によって)開発されたのがiTune作曲法です。 Sponso …

スポンサードリンク