ストックミュージック 音楽制作

音圧をがっつり上げる方法

投稿日:2017年04月08日 更新日:

まず宣伝ですがAudioStockにて最近販売開始した楽曲です。

製品プロモーションや企業ビデオ等での使用を想定してます。
現在オーディオストックにて¥2160にてロイヤリティー販売をしております。

ナレーション等他の音が入らないことを想定して、音圧も情報量もギュウギュウに詰め込んだ楽曲になっています。

コード進行はC B7 G G/Bです。日本っぽいです。

今回は制作記録として音圧にフォーカスしてみたいと思います。

この種類の楽曲(EDM、ダブステップ)はとかくストックミュージックの市場でも音圧戦争が激しく、AudioStock内の類似の楽曲に合わせて音圧を上げるのがとても難しかったです。

上げれば上げるほどやはり俗に言う「団子状態」になってしまいます。

音圧稼ぎに貢献している要素としては音作りの段階でかなり強めにダッキングをかけています。4つ打ちの曲ではないのですが以前書いたKickstartの2重がけで変則的なボリュームカーブを書いています。

ある程度ミックスが終わった後マキシマイザー(WAVES L3-LL)でリファレンス曲と同じ位の音圧まで上げて、そこからバランスを取り直すようにしました

最終で大きく音圧を上げる場合は、それによってかなり飽和が生まれるので、そこまでに作ったミックスバランスは崩すものだと考えるようにしています。

自分でミックスもマスタリングもやる作曲家にとっては、この方法が可能なのがアドバンテージだと思っています。

それから、大抵ミックス後はリファレンスと比べて高域が足りないように感じるのでマキシマイザーの前にEQを挟んで、そのまま広域を上げます。

ハイハットやシンセなど広域にある楽器を単独で扱った方が音のクオリティーを落とさずにすむと以前は考えていましたが、ハイに限って言えばマスターをEQでそのまま上げてしまったほうが、すんなりまとまります。(すでに時間をかけて整えたミックスの位相がずれないからだと思います。)

一通り音圧上げを終えたらバウンスすると思いますが、マキシマイズしていないバージョンもバウンスして下さい
それらのトラックを並べて、同じ大きさで聴こえるようにマキシマイズしている側のトラックをのフェーダを下げて聴き比べることで、音圧上げで何を失ったかに気づけます。ここでの損失をいかに小さくするかが常に課題ですから、損失が大きすぎるならマキシマイズをやりなおすのです。

それから、今回強く感じたのですが、
ミックスのあと、その流れでセルフマスタリングだと、どうしても客観性をなくしてしまうみたいで、団子状態になっていても気付かずに、そのときはきちんと分離しているように聴こえたりしてしまいます。

せめて一日はあける。ストックミュージックみたいな納期のない仕事なら2曲セットで別の曲のミックスをしてからマスタリングするみたいな合理的な作業フローを作らないといけないかなと感じました。


-ストックミュージック, 音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミックスで音がこもっているときの対処法

前回、制作記録の中で書きましたが、高域に関してはマスタリング前にEQで無理やり上げても上手くまとまるし、かえってトラック単体を扱うよりうまくいくケースが割りとあります。 ところが中低域に関してはまった …

10年前と比べて音楽で食べていくのはむしろ簡単になった

コンピューターとDTMとインターネットが普及して、音楽では稼げなくなったみたいな記事をよく見ますがまったく逆ですよね。 Sponsored Links 今の時代に生まれて本当にラッキーだったといつも思 …

曲をもっと速く作るためにやったこと

自分にとって制作の中で「速く作る」ということは遅かれ早かれ向き合わないといけない問題だということには気づいていました。 Related Postsはるか遠くから聞こえてくるような音の作り方謎の名画の展 …

シンプルで使い勝手の良いMassiveによる口笛

一年位前にネットで発見したMassiveによる口笛の音です。 どこで見つけた控えてなくて、いろいろ検索して見つからなかったのですが忘れないように書いておこうと思います。 Sponsored Links …

ミックス時のモニタリングレベルの話

ミックスする際にどのくらいの大きさでモニタースピーカーをならすのがいいのかについて書きます。 Sponsored Links 結論から書くと「モニターボリュームをつねに上げ下げする」ということになりま …

スポンサードリンク