音楽制作

ミックスで音がこもっているときの対処法

投稿日:2017年04月09日 更新日:

前回、制作記録の中で書きましたが、高域に関してはマスタリング前にEQで無理やり上げても上手くまとまるし、かえってトラック単体を扱うよりうまくいくケースが割りとあります。

ところが中低域に関してはまったくそんなことは無いです

Sponsored Links

今回はミックスがこもっているなモコってるなと感じたときにすべき事を書いて見ようと思います。

音を増やして行く過程でいつの間に抜けが悪く、まるで水の中の音を聞いてるようになってしまう時があります。
そういうときは中域から低域に問題があることが多いです。周波数で言うと100hzから300hzくらいになります。

まずやることとはどこに原因があるか探ります。
マスタートラックにEQを挟んで狭いQカーブの山を作ります。
そして高域からゆっくりとその山を下ろしていきます。

注意:この時大きな音が発生しますのでスピーカーやヘッドホンのボリュームには気を付けながら作業を行って下さい。

そうすると低域のあるポイントで音が飽和する部分を見つけられると思います。
飽和するというのはやってみるとわかりますが、音の不快指数がピークに達して発振した感じになり、耳やスピーカーに一番悪い感じになるポイントです。

ここが今のミックスをもこらせているポイントであることが多いです。
ここでこの周波数をメモします。

さらに今度は逆にQカーブの狭い谷を作ります。それをこちらも同じように高域からスライドさせていくと今度は一気に開けた感じになる瞬間が来ると思います。
そこがやはり、いま問題を起こしている周波数です。

両方の方法で見つけた周波数が同じならほぼ間違いなくそこが、
別々なら、どちらかあるいは両方が原因であることが考えられます。

その周波数に音が重なり合いすぎているか、単独のトラックが出しすぎているはずです。

一つ一つトラックを耳とアナライザー確認していきます。

そしてその周波数を取り合っているトラックを見つけたら、そのトラックだけを慣らしながら調整します。

複数のトラックが該当するなら両方その周波数を引くことも考えられますし、一方はそのまま、他方は引くということも考えられます。そこは音を聞きながら一番合った組み合わせを探しましょう。

ギターやピアノ、シンセ、スネアなど中域の楽器が原因であることがやはり多いですが
意外にハイハットの低域やベースの上の部分が出すぎていることが原因だったりすることもあります。

これをやるとスカっと霧がはれたような感じになるので気持ちいいのですが、やりすぎてスカスカになってしまうことありますので気を付けないといけません。常にEQを掛ける前と後、値を変える前と後を切り替えながら作業をしていくことで、大事なものをなくしていないかに注意するようにしましょう。

Sponsored Links

 

 

 

 

 

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

良い曲はいつも情報量が多い

昨今、アニメーションの世界では「情報量」という言葉が重要視されているらしいです。 いかに作品の中に情報量が入っているかということがその作品のある意味での価値基準として使われる。 Sponsored L …

意外と知られていないリファレンスのテクニック3選

タイトルに3つのとか数字を入れた方がいいってネットで読んだので入れてみたら、結婚式に会社の上司が言いそうなやつになってしまいました。 今日は音楽制作におけるリファレンスについて書きます。 Sponso …

Melodyneはヒップホップ制作をすっかり変えてしまったのかも

再びCelemony Melodyneについてです。 以前この記事の中で、声やボーカルサンプルにメロダインを使ってEDMやFutureBassっぽい感じにする方法を書きました。 今日はループ素材や楽器 …

EQの原理と(たぶん)WAVESにQ1からQ10まである理由

EQの原理をちゃんと考える機会ってあんまりないですよね。 でもこれを理解するとミックスをより良くするためにできることが見えてきます。 Sponsored Links 言うまでもなくEQ(イコライザー) …

村上春樹と小澤征爾の対談本から得たDTMで参考になること8つ

村上春樹、小澤征爾著「小澤征爾さんと、音楽について話をする」という本を読みました。 この本は具体的な示唆や技術を得るというよりは、小説と音楽の世界のそれぞれの孤高といってもいい二人の会話の中にある雰囲 …

スポンサードリンク