音楽理論

Zedd&Alessia Cara “Stay”の耳コピをしたらサビの2小節だけで十分面白かったので報告

投稿日:2017年04月10日 更新日:

最近は流行っている曲をチェックして勉強するようにしています。
今年に入ってから依頼してもらえたお仕事がEDMとヒップホップばかりなので、
おそらく今はそこに自分が求められていると考えて日々精進してます。

Sponsored Links

去年から今年にかけてEDMダンスミュージックのシーンでは、BPMの遅い曲が注意を引くようでセールス的にもチェインスモーカーズなんかが流行ってます。

先月くらいから流行りだした曲がすごく面白いので耳コピしてました。フックの部分を見て見ようと思います。

曲はZedd&Alessia Caraの”Stay”
1:05から始まるボイスサンプル、ベース、ドラムを中心に展開する部分の話をします。

BPMは102でほとんどゆれてないみたいです。

キーはAb/Fm、5秒で調べました。秒速でキーを調べる方法はこの記事で書いてます。

ベースを追った上でピアノを弾きながらコードを付けていった所
Db Eb Fm Cm のように聞こえました。
(IV V VIm IIIm、キーがCだとしたらF G Am Em)

このジャンルの曲って日本のポップスとは違って驚くほどダイアトニックしか使いません。

間違いなく色々見落としそうだったので、
主旋律として聴こえるボイスサンプル(トップノート)のメロディーと
ベース、
主旋律の下でなってるボイスサンプルの音を採譜します。
ちなみに僕は低音域の音程感が実は悪いので低音が上手く取れないときは1オクターブ上げます。
主旋律の下でなってる音はCapoというソフトを使って確認しました。デモ版しか持ってないんですけど、なってる音の確認にしか使わないので僕には十分です。こんな感じで表示されてすごく便利です。

譜面とピアノロールどっちがいいのか悩みますが、ピアノロールで行ってみます。
わかりやすくするためにキーをCにして説明します。
まず冒頭で書いたとおりF G Am Emだと思ってました。
最初はFでOKです。次もGに行きますがすぐにベースをgで維持したままConGへ行きます。クラシック的に転位ともとれますね。
次にAmはOKです。次のEmに行く前にeをベースにしたAmの展開型になってからEmに言っています。

同じベースで8分でコードを変えています。

このフックの部分はほとんどの音が同じタイミングでなるからコード展開に自由度があってピアノ曲を聴いているような印象を持ちました。

音がある瞬間とない瞬間のコントラストをはっきりさせるタイプのダンスミュージックの面白い可能性だなと思います。

2017/04/30 追記
オーディオジャングルで販売開始したトラックでこのコード展開方法を使っています。


Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽理論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

五度圏表でわかることをまとめたゆるい表

作曲にかかせない表、五度圏表。 この五度圏表が手元にあれば分かる事を全部書き連ねてみたいと思います。 Sponsored Links 五度圏表はその名前が示すとおり右に5度ずつ(半音8個)ずつ増えてい …

音楽理論的にPunkとFunkは似てると言い張る

90年台中盤ごろのことですが、当時のミュージシャンの志向の移り変わりを「Punk goes to Funk」という言葉で表していた時期がありました。 これはパンクで有名になったミュージシャンはその後フ …

一般的に曲の中でダイアトニック以外に使うコードのまとめ

ポップスの作曲において勉強を1からはじめると、まずはダイアトニックコードを使って曲を作りはじめます。 その後使えるコードが増えて行くですが、結果的にひとつの曲ひとつのキー(調)のなかで使いうるであろう …

すぐに譜面が読めるようになりコードの構成音も同時に分かるようになる方法

5mm方眼のノートの記事でも書きましたが譜面を書く習慣をつけると便利です。 アイデアをぱぱっとメモれます。 作曲しててなんかイマイチっていうときに何が悪いかが分かります。 Sponsored Link …

ドミナントから始まってるように見えるブルース進行、Pharrelの”Happy”とか

ブルース進行について。 なんかブルースって聴くとかなり渋い感じのイメージですが、特にアメリカで最近売れてる曲でもそのエッセンスがよく使われます。 Sponsored Links この記事でも触れました …

まだデータがありません。

スポンサードリンク