音楽制作

ミキシング作業のムダをなくすA/Bテスト

投稿日:2017年04月16日 更新日:

シンセをいじってるときや、EQやコンプで音を作っているとき、あらゆるDTMの作業のなかで重要なこと書いておきます。

それはズバリ、A/Bテスト

Sponsored Links

A/Bテストとは現状やっている作業と、やる前の状態を常に比べながら作業をすることです。

そこにキックがある。
とりあえずEQでいい感じにして、コンプでいい感じにしてヤバイキックができたぜ!と満足してたとします。

しかし作業が進んでいく中でふとキックの音が気にいらなくなって、もう一度キックを作り直そうとしたところ、
EQもコンプもかける前のもともとの音の方がヤバイじゃないか!ってなったことありませんか?

僕はあります。

これって原因はプラグインを操作しているときに、A/Bテストをしながらすすめなかったからです。

作業に没頭してしまうとついついパラメーターの値をいじりながら変化していく音に夢中になってしまって、もともとレコーディングした素材やサンプルやプラグインシンセが持っていた良い部分をだめにしてしまってたっていうパターンです。

バウンス前だったらプラグインを外せばいいですけど、バウンスしてしまったあとだったら、気づかないまま作業はすすんでいきます。

気づいたら気づいたで、そこにかけた時間とさっきまでの自信のことを思うと精神的に結構つらいです。

精神的安定は大事にしないといけません。時間はもっと大事です。

でA/Bテスト。

まずもっとも一般的な方法はプラグインのバイパスです。

写真はLogic付属のコンプですがバイパス状態になっています。ここのonとoffを繰り返しながら今やってる作業はやったほうがいいことなのか、あるいはやらない方がましなのかをチェックしながら作業をしていきます。

さらにその隣に比較というボタンがあります。
これはプラグインを開いた状態とパラメータの値を変えたあとを文字通り比較するボタンです。
(このLOGICの機能に関してはプラグインによって挙動がつかめないのと慣れないのとで、実は僕はあんまり使ってません…)

よくDTMのチュートリアル動画なんかでも有名なエンジニアがちょっとしつこいくらいオンオフ比較をカチカチやってるのを見ます。

ここで注意する点がもうひとつ。

A/Bテストする際には、このプラグインで言うとGainのところを調整して、バイバスしたときとしていない時の聴感上のボリュームが同じになるようにしておくことです。

人間の耳は音が大きい方をいい音だと思いこんでしまう傾向があります。

だからコンプをかけて音が良くなったと思ってたら実は音が大きくなっていただけだったなんてこともあるんですね。

WAVESのプラグインであればほとんどの製品にA/Bボタンがあります。

Setup AというボタンをおすとAとB2つのパラメーターの状態を切り替えることができます。

まずAの状態で立ち上がってますので、パラメーターを調整して、A→Bボタンを押してそれをBにコピーします。

で再度Aを操作して都度Bと比較する。

これをやることで作業の堂々巡りは圧倒的に減ります。結果的に作業のスピードと質も上がります。
Gainを調整して音量をあわせることを忘れずに。

ほとんどのプラグインにA/B比較をするためのボタンがついていることは音楽制作にとってこれがいかに重要な事かを表しています。

大事なことは

比較するポイントを常に用意しておくこと。
ワンタッチで比較できるようにすること。

同じボリュームで比較すること。

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:


  1. […] ブラインドテストはこの記事で書いたA/Bテストと同時にやるのが効果的です。 […]

関連記事

水曜日のカンパネラの曲でよく使われてるウニョウニョシンセの作り方

ボーカルだけじゃなくてトラックもすごくかっこいい水曜日のカンパネラですが、日本では大人気とのことなんですけど実は僕最近知りました。 テレビもみれないので、。。参考資料用に提示されて知ったんですが、かっ …

iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart2

前回の続きです。iZotopeの動画を簡単に訳して簡単にまとめます。 今回のtipsはひとつ。 Tip3 Balance like a music lover not like an engineer …

リバーブの大事なこと3つにまとめました

リバーブはすごく重要なエフェクターですが、僕の場合なんとなくで作業をすすめてしまいがちでした。 友人のエンジニアに聞いたり、本や教材を読んで得たリバーブの知識のなかで重要だと思うことを書いてみます。 …

村上春樹と小澤征爾の対談本から得たDTMで参考になること8つ

村上春樹、小澤征爾著「小澤征爾さんと、音楽について話をする」という本を読みました。 この本は具体的な示唆や技術を得るというよりは、小説と音楽の世界のそれぞれの孤高といってもいい二人の会話の中にある雰囲 …

音を前に出したい!とりあえず、NewYorkコンプレッションで解決するかも

わりと有名なのかもしれませんが、ドラムの音処理で役に立つテクニックを書きます。 Sponsored Links その名もニューヨークコンプレッション。 ニューヨークのエンジニアがやってて、もともとはモ …

スポンサードリンク