メンタリティー

もっとも生産性の高い就寝起床時間を検証してみた

投稿日:2017年04月20日 更新日:

会社を辞めてフリーランスになってからしばらく、生活のリズムをうまく作れずに困っていた時期がありました。
そのときに自分で検証した一番生産性が高かった就寝時間と起床時間の結果を書いておこうと思います。

Sponsored Links

結論から言うと僕にとってのベストは
10時就寝 4時起床です。

以下はその結論に至った過程です。


完全自由形

最初に試した(かった)のは眠くなったときだけ眠るという完全自由スタイル。
結果は寝すぎる
寝るときに6,7時間後を目安にアラームをかけていたのですが、寝過ごしたとしても別に困らないのもあってか、その時間に気持ちよく目が覚めませんでした。
それと仕事の予定が立てにくい。
今から何時間は起きていて、いつ頃寝るかということがはっきりとわからないので、今やってる制作がいつ頃終わるだろうという予測が立てにくかった。
実は意外にもフリーランスに一番向いていないサイクルかも。

夜型

昼の3時におきて朝の9時に寝るというパターン。
結果はずっと疲れが取れない。
寝ている昼の12時とかって、意外と外がうるさかったり、郵便屋さんがベルをならすんです。
(しかもドイツは基本的に郵便物の時間指定ができないので、郵便は昼の11時から2時くらいに来ます。)
それと、起きてから先にスーパーやら銀行やらの用事を済まさざるをえないので、作業を始めるのが遅くなっていきます。

一般的朝方

やはりここに帰結するだろうと思われた、いわゆる普通のサイクル。
夜12時就寝、朝7時起床。
しかし問題が。それは起きられないということ。
会社員時代は会社に行かなければいけないので眠いながらも無理やり起きてました。
遅刻したら怒られるから。
しかし、今は誰にも怒られない。
クライアントワークが入ってれば締切が発生するのでノソノソ起き出して仕事に向かうのですが、いつも締切がある仕事をやっているわけではありません。
結果起きられずに寝坊してしまい、昼前に目覚める。
しかもその日寝すぎたために夜眠れずに、そこから夜型に移行という悪パターンも結構ありました。

さらにもう一つ問題点がありまして、この生活パターンだとなぜか眠れなくなってくるということ。
おそらく、僕の場合眠るチャンスが過ぎてしまっているからではないかと。

そこで行き着いたのが

超朝方

冒頭にも書いた夜10時就寝、朝4時起きです。
まず特筆すべき点は、なぜか気持ちよく起きられるという点です。
4時に目覚ましをかけても3時ごろに起きてしまったりということもあります。
しかし不思議と昼間も眠くならない。
ネットで読んだだけですけど、この時間帯はゴールデンタイムというものに当たっているらしく一番睡眠の質が良くなるらしいです。
10時ごろ就寝すれば眠れないことはほとんどありません。
それから、起きてコーヒーを飲んだらすぐに制作に入れます。
外がうるさくなっている昼頃にはだいたい今日一日のノルマを終わらせているので幸福度も高いです。

問題はある程度の人付き合いを犠牲にしないといけないこと。
友人との食事なんかは9時や10時に落ち合ってというのがやはり一般的です。
ソーシャルライフが何より重要で、仕事も全部そこから取ってくという人には向かないかもしれません。
僕は全然そんなタイプじゃないし、むしろ出来る限り一人でいたいと思う方なので全く問題ないです。

Sponsored Links

Sponsored Links

-メンタリティー

執筆者:

関連記事

まあそれでも1ヶ月ブログやってよかったこと

先月ドメインをとってこのブログを書き始めました。 今現在一日の平均PV数は3人くらいです! Sponsored Links 平均3人って、たぶん1ヶ月くらい続けたブログとしてはかなりダメな部類に入るん …

フリーランサーのためのジョギングと驚くべき効果

とにかく生きるためだけに毎日音楽を作る生活、あんまり家からでないしクライアントさん仕事でも依頼をもらったら後はほとんどメールなので直接会いに行くこともあんまりない。(逆に直接会うと細かいニュアンスの英 …

村上春樹のチャンドラー方式は音楽家のためにあると思う

ものを作ることの苦しみについて悩んだことのある人は、ネットの検索なんかで村上春樹のチャンドラー方式というものについて読んだことがあるんじゃないかなと思います。 Sponsored Links 僕もネッ …

DTMに重要な筋肉「前腕筋」を鍛えたら少なくともモテるっぽい

音楽家と筋トレは全く関係のない世界の話のように思っていましたが、ふと気づいたんです。 著名な音楽家って結構鍛えてるなと。 Sponsored Links 話は遡って中学生の頃の担任の先生の持論から始ま …

ストレスは比較の中で作られるという事実から導き出した「ライブ前の緊張を解く方法」

ライブの前緊張するときありますよね。 以前の記事の中でロボットになりきって背中にある感情のスイッチをオフにするのを想像することで緊張から抜け出すという方法を書きました。 正直僕の場合、ほとんどこれで切 …

スポンサードリンク