ストックミュージック 戦略

オーディオジャングルで今どのジャンルを作るべきか?

投稿日:2017年05月01日 更新日:

先程オーディオジャングルを巡回しながら、「今どのジャンルを作るのが賢いか?」について分析しました。
結果が出たので書きます。

Sponsored Links

結果的にHIP HOPが圧倒的に賢いです。

まず考察を限定して正確に把握するために1ヶ月以内にリリースされた楽曲だけで比較することにします。

大ヒットしている曲は何年も売り続けているものあるのですが、

おそらくそれはトップページに出続けるような限られた曲だけなのではないかと思われますし、

売上効果が累積していって例外的な状況になっていると考えられるます。

下の図はそれぞれのジャンルの過去一ヶ月に登録された全曲数8セールス以上売り上げた楽曲の累計セールス数(2017年4月30日)です。

8セールスまで調べるのが時間的に限界だったというのと、8セールスまで下ればだいたい正確なデータになるだろうという勘をもとに判断しました。

全売上を調べようとすると丸1日でも足りないのではないかも。

例えば長年に渡ってオーディオジャングルにおけるビッグセールスを作り続けているコーポレート系で見てみましょう。

今月2361曲がリリースされています。その中で8セール以上売れた曲の総売上数は115曲。

つまり115セールス分の需要チャンスに対して2361曲で戦っていることをあらわしています。

1曲に割り当てられる需要チャンスは0.05セールスということになります

ヒップホップを見てみましょう。

283セールスを367曲で取り合っています。1曲あたりで考えると0.7セールスが与えられる形になります。

こうしてみると今はオーディオジャングに登録するならヒップホップが一番合理的だということが分かるのです。

その次がFUNK。あとはだいたい横ばいで今のところコーポレートが落ちているってことがわかります。

8セールス以上売れた曲が0のジャンルももちろんあります。

こういったジャンルは当たれば競合がいないのでデカイと考えることもできます。

しかしバイヤー目線で考えるとそうとも言えないかもしれません。

もし自分が映像クリエーターでオーディオジャングルで曲を買おうとしているとしたら、すでに何のジャンルの曲を買うかは決めていると思うのです。

シネマティックを買おうと思ってた映像ディレクターがジャズにいいのがあったからジャズに変えるというのはあまりないケースのはずです。

つまり表でいうSalesは予め決まった要素に近いと言えます。

この状況の理由を考えてみる

そう考えると今現在多くの需要があるのはシネマティックとヒップホップ。

しかしシネマティックは供給が多すぎる。

これも考えてみれば当然です。

シネマティックを作る人はそのそも映画や映像の音楽をやりたい人が多い。文字通りシネマティックですから。

だからそういうシネマティックを作りたい音楽家が映像作品に使われるために存在するプラットフォームであるオーディオジャングルにたくさん集まってき来ているのは当然です。

逆にヒップホップを作る人はDJだったりクラブカルチャーを通ってきた人が多い。

傾向的には映像作品に楽曲を提供したいというよりも、オーディエンスにビートを届けるぜっていうタイプの人が多いと思います。

つまりオーディオジャングルには行き着きにくい。

B-BOYはメイクマネーが心情と言えどあくまでヒップホップ的なメイクマネーじゃないとクールじゃない。

ちょっと飛躍しましたが、こういう感じで今の状況が生まれているのかもしれません。

かくいう僕も最近はヒップホップばかり作っています。

別の記事にも書きましたが、依頼でもらっている仕事も2016年終わりごろからヒップホップの依頼ばかりです。

それが市場の傾向でもあなのかなと思います。

もちろん、自分が何を作りたいかとか、今何をつくる技術をつけるのが将来的に見てプラスになるのかとかっていうの重要な指標です。

でも時にはドライに数字だけ見てみるのも面白いです。

とりあえず2017年ヒップホップが儲かります。

日本人オーデイオジャングラーのみなさん、がんがん行きましょう。

__

2017年5月16日追記
今日再び調査しましたところ、ヒップホップは若干落ち始めているようです。
今熱いのはFUNK。

__

2017/06/20 追記

本日再び調査しました。
以前としてFUNKとHIPHOPの独壇場。

EDMが激落ちしてきました。
去年はEDMが今のHIPHOPみたいなポジションだった。

一般的なミュージックシーンの後をおいかけるものだと思っていたけど、先を行ってるのではないかと思うときもあったりして不思議です。


Sponsored Links

Sponsored Links

-ストックミュージック, 戦略

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ストックミュージック販売をはじめて良かったこと(お金以外で)

なんども書いてますがAudioJungleとAudioStockで楽曲使用権の販売をやってます。 もちろんそれはいくらかの収入になりますし、そのためにやってるんですがそれ以外にやってよかったと思う理由 …

no image

2017年3月 AudioJungle おすすめ11曲

2017年3月にAudiojungleでリリースされたの曲の中で僕が好きな曲を上げてみました。 すべての曲を上位から順に聴いていくとどうしても似た曲が多いんですけど、10くらいのセールスをとってる曲に …

AtagoSounds 最近の人気曲

AtagoSoundsのAudioStockおよびAudioJungleで最近よく売れてる曲です。 (随時更新) Happy Funky Fun on AudioStock Epic Cinemati …

2017年5月 AudioJungle おすすめ11曲

2017年5月3日から遡って1ヶ月以内にリリースされたAudioJungle内のフェイバリットリストです。 Sponsored Links 暖かくなってきたせいかちょっとクラブっぽいものを選びすぎたか …

AudioJungleのライセンスおよびAudioStockとの違い

AudioJungleで楽曲の使用ライセンスを購入する場合、ライセンスの種類が5つあります。 ときどき楽曲を購入した人からお問い合わせをいただくのでAudioStockとの違いを含めてまとめておこうと …

スポンサードリンク