機材、ソフト

主要モニター用ヘッドホン聴き比べしたのでレビュー(結果FOCAL Spirit Professional購入)

投稿日:2017年05月02日 更新日:

ずっと使っていたイヤホンのEtymoticReserch ER4Sが断線によって壊れてしまって、そのままほとんどイヤホンは使わずに家ではモニタースピーカーのGENELEC8010だけで仕事していたのですが、やはりヘッドホンなしというのもなかなか辛いので購入しました。

Sponsored Links

今回もJustMusicベルリン店で購入しました。
モーリッツプラッツという地下鉄の駅のそばにある大きな楽器屋さんです。

ちなみにドイツにはTHOMANNという日本でいうところのサウンドハウスみたいな巨大な通販系の楽器店もあります。
しかも気に入らなかったら返品を受けてくれるので便利なのですが、使ってみて違うと思ったら送り返して待つというのがしんどいので聴き比べしたい機材は(つまりほとんど)JustMusicに行って買います。

Justmusicさん、考慮に入れていたのは全部ありました。2時間位占領して聴き比べしてました。

Sony                   MDR-7506
Beyerdynamic    DT-770 Pro 80 Ohm
Sennheiser         HD-650
Audio-Technica  ATH-M50 X
Focal                  Spirit Professional  ←これにした!

それぞれの印象を書いておきます。

Sony MDR-7506

日本にいたころはMDRーCD900STも使っていました。
なぜかヨーロッパではその兄弟機の7506しか売ってないのですが、僕自身が音に慣れているだろうという点もあって考慮に入れてた。
やはり900STってこんな感じだったような気がする。
僕が印象として持ってる標準的なモニターの音。
くらべてないけどCD900STよりも太い感じかもしれない。
ただ、ER4Sと比べてしまうので何か取り逃しているような気がしてしまう。

もともとこれにするつもりでした。
低音も十分に感じるし、装着感もいい。
MDR-7506よりも細かく聞こえてる感じがします。
ドイツ製だからかドイツ人のミュージシャンはこれを奨めてくる人が多い。
80Ωだとオーディオインターフェイスからヘッドホンアンプなしで繋いでも問題なさそうだったし。

ベルリンのマスタリングスタジオでこれかこの下のHD-600を何度か見ていたのでいいんだろうなと思っていた。
一聴して明らかにきめ細かいのが分かります。
クラシックとかすごく良さそうでワクワク感があった。
ただインピーダンスが300Ωなのでヘッドホンアンプを買うことも考えると予算オーバー。
さらに低域が少し足りない印象があった。

アメリカAmazonのレビューで絶賛されてた。
AudioJungleのフォーラム内でも人気で、レビューワー(曲を審査する人)も多く使っているという情報もあった。
僕には少しドンシャリな印象。リスニング系なのではという感じ。
モニターとして使うとなるとヘッドホンの傾向を考慮に入れて作らないといけない気がする。
しかしユーザーが多いというのはこのヘッドホンで聴いてどう聴こえるかという点も重要になるともいえる。
装着感はすごくいい。

これにしたやつ。
細かさと十分な低音で「あ、これや。」ってすぐに感じた。
聴き比べで流していた試聴音源にHD650かこのFOCALでしか聴き取れないシンセの音作りのトランジションがあった。
低域も必要な分出ていると感じた。
32オームなのでヘッドホンアンプは不要。
ただ側圧が強いので疲れるのが難点かも。頭が大きいとつらいかもしれない。

というわけでFocalを買いました。
EtymoticReaserchの音に慣れてしまっているのもあって(通称エティ耳)、音の細かさを重視する傾向があったかなとは思います。

またEtymoticを買うという選択肢もあったんですけど、今は広告系の仕事がメインなのでヘッドホンにしました。

FOCAL自体のレビューはまた別に書こうかと思っていますが今の所すごく満足してます。

Sponsored Links

Sponsored Links

-機材、ソフト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EDM,ダブステップっぽくMelodyneを使う方法

celemonyから出てるすごいソフト、ご存知Melodyne。メロダイン。 ピッチ補正ソフトなんだけど未だに使いながらすげーとつぶやいてしまうほど、精度と自由度がすごい。オーディオデータをピアノロー …

WAVES E-Channelの使い方を1枚の画像にまとめました

今WAVESのE-ChannelがセールになっててTwitterにどんどん上がってくるので、自分用に使い方を一枚画像にしたものをシェアしておきます。 Related Posts話題の書籍「アイデア大全 …

Mac用耳コピソフトTranscribe!とCapoを比較しました

今回は耳コピソフト、 耳コピは勉強という点では本を読むよりも得るものがあると思っています。 Sponsored Links ピアノロールに音程が表示されるタイプ 今日はMacで使える耳コピソフトの比較 …

AutoKeyboardで作曲時間短縮

膨大なサンプルパックからサンプルを選ぶとき選択肢が多すぎて自分で一から作るよりも時間がかかるケースって結構ありますよね。 そんな時に便利なソフトを見つけたので書きます。 Mac用です。 Sponsor …

一瞬でダッキングできるプラグインNICKY ROMEROのKICKSTARTを使い始めました

ここ数年のEDMやHIPHOPにおいて無くてはならないサイドチェインによるダッキング。それを簡単にかつ自由度高くやってしまえるプラグイン NICKY ROMEROのKICKSTARTを導入しました。 …

まだデータがありません。

スポンサードリンク