音楽制作

音を前に出したい!とりあえず、NewYorkコンプレッションで解決するかも

投稿日:2017年05月05日 更新日:

わりと有名なのかもしれませんが、ドラムの音処理で役に立つテクニックを書きます。

Sponsored Links

その名もニューヨークコンプレッション

ニューヨークのエンジニアがやってて、もともとはモータウン?あたりでやり始めた方法てっだれか言ってた。(すいません、不正確情報です。)

簡単に言うと原音とコンプをかけた音を混ぜるというもの。
パラレルコンプレションとも言われます。

ドラムを前に出したいとき

 

ドラムの輪郭がもやっとしているのでコンプをかけて引き締めた。
しかしドラムだけならすといい感じなんだけど、トラックに混ぜてもあんまり前に出てこない
他の楽器の後ろにかくれてて、欲しいところまでレベルを上げると大きすぎるし。。

そんな時に使うテクニックです。(そんなときだけじゃないですが)

一番オーソドックスでかつすぐに使える方法を書いてみます。

1.ドラムトラック(バス)からセンドを送ります。思い切ってかなり多めに送ってしまいましょう。センドから送られて来た音をガッチガッチにコンプします。

2.レシオをガッツリ(12:1とか)まで上げてアタックもかなり早くします。
ギュウギュウの羊羹みたい音を作るのです。

3.送られてきたトラックのフェーダーを上げていきオリジナルのトラックと混ぜましょう。

4.オリジナルトラックとセンドトラック2つのフェーダーのバランスで音を決めます。

newyorkcopression logic

大事なことは
最初にオリジナルの音だけで聴感上のボリュームを決めること

その後2つのフェーダーを動かしながら同じ位の音圧でより音が前にでてくるバランスを探します。

それから最初に一気にセンドで送ってからはセンド量を変えないこと。
送られる先は主にコンプですから入ってくるレベルが変わるとかかり方が変わってしまうので音が定められません。

アタックをオリジナルの音に任せるイメージ

これによって原音にあった強いアタックを維持したままコンプによって圧縮された音の体(つよさ)の部分を加えていくことができます。

EQをつかってコンプ側の低域と高域を少し持ち上げて原音をつつむようにするのもよくやられる方法です。
つまりコンプをかけると弱まってしまう中域のアタックを原音に任せる感じです。

打ち込みドラムの処理でも迫力がイマイチっていうときに、高確率ではまります

単純に音の情報量が増えるっていう理由もあるのかもしれません。

ここ最近DTM界隈をせっけんしているiZotopeのNeurtonも各エフェクターセクションに何%の音を通すかを選ぶフェーダーがあります。

new york compression

つまり当然のようにパラレルコンプレッションするという選択肢が示されているのですね。

センドで送ったほうがいい理由

もちろんドラムトラックを複製してオリジナルとコンプをかけたトラックをまぜるという方法でも可能ですがあまりお勧めしません。

実際そうやってみるとわかりますが、ドラムは殆どの場合キックやスネアをミックスしたバストラックですのでそれぞれをコピーしてバスにまとめてってやってると無駄にトラックが増えすぎて管理が面倒になります。

キックやスネアを複数重ねて音作りをしているケースが多いでしょうから、そうなるとなおさら面倒になります。
そして倍の数のドラムトラックを管理するメリットはほとんどありません。

そう考えるとセンドでおくって混ぜる方が合理的です。

ちなみに逆パターンというのもあります。
まずコンプで深めに音をつくってバスでコンプをかける前の時点で別トラックに送って(プリフェーダー)その音を混ぜるというもの。

これは選択ですが、どっちの音を基準として音作りをするかで考えるべきだと思います。
基準となる音に反対の音を足していきつつ音を作ると考えた方がうまくまとまります。

ニューヨークコンプレッションの場合はがっつりコンプをかけた音の芯的なものをオリジナルの音に追加するという考え方でとらえる方(つまり最初に紹介した方法)が個人的にはしっくりきます。

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水曜日のカンパネラの曲でよく使われてるウニョウニョシンセの作り方

ボーカルだけじゃなくてトラックもすごくかっこいい水曜日のカンパネラですが、日本では大人気とのことなんですけど実は僕最近知りました。 テレビもみれないので、。。参考資料用に提示されて知ったんですが、かっ …

村上春樹と小澤征爾の対談本から得たDTMで参考になること8つ

村上春樹、小澤征爾著「小澤征爾さんと、音楽について話をする」という本を読みました。 この本は具体的な示唆や技術を得るというよりは、小説と音楽の世界のそれぞれの孤高といってもいい二人の会話の中にある雰囲 …

自分の部屋の低音の特性をチェックしておく方法

ベースのフレーズを作っているときなんかに ある音程は大きくて別の音程は小さいっていう状況に出くわしたことがあると思います。 Sponsored Links これはお使いの楽器やプラグインに問題があるわ …

BGMの使い方がうまいYoutubeCM 4本 2017年4月調べ

映像作家さんからリファレンスで指定されたり自分で研究したりで、YouTubeのCM映像をよく見ています。 BGMの使い方が上手で参考になる映像をいくつかピックアップしてみました。 Sponsored …

WAVES E-Channelの使い方を1枚の画像にまとめました

今WAVESのE-ChannelがセールになっててTwitterにどんどん上がってくるので、自分用に使い方を一枚画像にしたものをシェアしておきます。

スポンサードリンク