機材、ソフト 音楽制作

シンプルで使い勝手の良いMassiveによる口笛

投稿日:2017年05月09日 更新日:

一年位前にネットで発見したMassiveによる口笛の音です。
どこで見つけた控えてなくて、いろいろ検索して見つからなかったのですが忘れないように書いておこうと思います。

Sponsored Links

市販の口笛音源

ちなみに市販にもいくつか出ているようでした。

もっともリアルということで評判が高かったのが
Vienna InstrumentsのVIENNA WHISTLER

こちらの方がレビューされてました
http://mitchie-m.com/blog/daw/vienna-whistler/
僕はデモしかきいていませんが確かにプロの口笛です。
メーカーサイトによるとホルン奏者によるって書いてあるからやっぱ金管やる人の仕事なんですかね口笛って。

ただちょっとアーティクレーションが細かすぎるのが難点かなと思いました。
細かく設定できる音源って細かく設定しないと良くならない。
それとここまでリアルだとシンセ系の曲だとちょっと浮くかなとも。

その他だと
Best Service Whistler (Human Whistle)
http://www.bestservice.de/en/whistler.html
RealiTone RealiWhistle
http://realitone.com/realiwhistle/
T.D. Samples The Little Whistler
http://www.sampleism.com/tdsamples/thelittlewhistler?sk=kt

 

Massiveでやる

サンプル系の音源や録音だとさっきも書いたようにちょっとリアルすぎて浮いてしまいます。

EDMなんかのリード音で口笛っぽい音がありますが、あれと実際の口笛の中間ぐらいがほしい時にいいです。

ここからDLして下さい。Massive WHITSLE


ご覧の通りかなりシンプルです。

C4からE5くらいが一番それっぽいです。

前の鍵盤をはなさずにポルタメントで演奏すると口笛っぽさがでます。

NoiseのAmpをあげるとマイクにあたる息の成分があがります。

口笛特有のかすれた感じがもっとほしい時はFilter2のBandwidthを少し上げるといいです。

Sponsored Links

Sponsored Links

-機材、ソフト, 音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チャンスオペレーションによる現実的発想法、iTune作曲法について

実験音楽やアンビエント・ミュージックを作る人は知ってるであろうチャンス・オペレーション。これを通常の作曲におけるアイデアの発想方法として(私によって)開発されたのがiTune作曲法です。 Sponso …

謎の名画の展示を見に行って音楽制作に役立てられそうだと感じたこと

先日、謎の画家と言われるヒエロニムス・ボスの代表作「快楽の園」のインスタレーションを見に行きました。 Sponsored Links ヒエロニムスは15世紀、オランダの画家です。 当時、公式の画家とし …

一瞬でダッキングできるプラグインNICKY ROMEROのKICKSTARTを使い始めました

ここ数年のEDMやHIPHOPにおいて無くてはならないサイドチェインによるダッキング。それを簡単にかつ自由度高くやってしまえるプラグイン NICKY ROMEROのKICKSTARTを導入しました。 …

村上春樹と小澤征爾の対談本から得たDTMで参考になること8つ

村上春樹、小澤征爾著「小澤征爾さんと、音楽について話をする」という本を読みました。 この本は具体的な示唆や技術を得るというよりは、小説と音楽の世界のそれぞれの孤高といってもいい二人の会話の中にある雰囲 …

no image

iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart3

iZotopeのミックス10チップスの動画をザクッと翻訳の3回目です。 Tips4 トラックのボリューム それぞれのトラックをバスに分けたい。ドラムはドラム、ギターはギターで一つのバスに通したい。 4 …

スポンサードリンク