機材、ソフト 音楽制作

シンプルで使い勝手の良いMassiveによる口笛

投稿日:2017年05月09日 更新日:

一年位前にネットで発見したMassiveによる口笛の音です。
どこで見つけた控えてなくて、いろいろ検索して見つからなかったのですが忘れないように書いておこうと思います。

Sponsored Links

市販の口笛音源

ちなみに市販にもいくつか出ているようでした。

もっともリアルということで評判が高かったのが
Vienna InstrumentsのVIENNA WHISTLER

こちらの方がレビューされてました
http://mitchie-m.com/blog/daw/vienna-whistler/
僕はデモしかきいていませんが確かにプロの口笛です。
メーカーサイトによるとホルン奏者によるって書いてあるからやっぱ金管やる人の仕事なんですかね口笛って。

ただちょっとアーティクレーションが細かすぎるのが難点かなと思いました。
細かく設定できる音源って細かく設定しないと良くならない。
それとここまでリアルだとシンセ系の曲だとちょっと浮くかなとも。

その他だと
Best Service Whistler (Human Whistle)
http://www.bestservice.de/en/whistler.html
RealiTone RealiWhistle
http://realitone.com/realiwhistle/
T.D. Samples The Little Whistler
http://www.sampleism.com/tdsamples/thelittlewhistler?sk=kt

 

Massiveでやる

サンプル系の音源や録音だとさっきも書いたようにちょっとリアルすぎて浮いてしまいます。

EDMなんかのリード音で口笛っぽい音がありますが、あれと実際の口笛の中間ぐらいがほしい時にいいです。

ここからDLして下さい。Massive WHITSLE


ご覧の通りかなりシンプルです。

C4からE5くらいが一番それっぽいです。

前の鍵盤をはなさずにポルタメントで演奏すると口笛っぽさがでます。

NoiseのAmpをあげるとマイクにあたる息の成分があがります。

口笛特有のかすれた感じがもっとほしい時はFilter2のBandwidthを少し上げるといいです。

Sponsored Links

Sponsored Links

-機材、ソフト, 音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Melodyneはヒップホップ制作をすっかり変えてしまったのかも

再びCelemony Melodyneについてです。 以前この記事の中で、声やボーカルサンプルにメロダインを使ってEDMやFutureBassっぽい感じにする方法を書きました。 今日はループ素材や楽器 …

iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart2

前回の続きです。iZotopeの動画を簡単に訳して簡単にまとめます。 今回のtipsはひとつ。 Tip3 Balance like a music lover not like an engineer …

俺のミキシング前チェックリスト

ミックス前、つまりDTMで言うと作曲やアレンジをしている段階でつねに気をつけていることを書きます。 ミックスに入る前に以下のことが全てなされているかどうかをチェックすることでミックス時に無駄な時間を使 …

自分の部屋の低音の特性をチェックしておく方法

ベースのフレーズを作っているときなんかに ある音程は大きくて別の音程は小さいっていう状況に出くわしたことがあると思います。 Sponsored Links これはお使いの楽器やプラグインに問題があるわ …

Genelec 8010APM、約3年使ってレビュー

ドイツに移住してから最初に買った音楽機材がモニタースピーカーのGenelec8010APMでした。 Sponsored Links 日本から来てすぐで全然お金が無かった(今もないけど)のですが、音楽作 …

スポンサードリンク