音楽理論

作曲編曲の中でコード楽器のヴォイシングをどう決めるか

投稿日:

曲の中でコードを引く時、多くの場合鍵盤。
何を基準にボイシングをきめればいいのかという疑問があると思います。

Sponsored Links

ボイシングとは何か?

日本語で展開型です。(転回形なのかな?)
例えばCなら
ドミソなのかミソドなのか ソドミなのか…

すべてのコードを弾く瞬間においてボイシングを自由に選ぶことができます。

コードが決まったていてそこでコードを鳴らすと決めている時点でとりあえずコードであればOKなわけです。

さらにそこから次のレベルにすすめたい。

今回はそれを決める際にどう考えるかの指標を書いてみます。

トップノートの旋律として考える

判断するための要素はなにか。

まずひとつはコードをメロディーとして考えるということ。

コードがなっている状態で自分の声でユニゾンでなぞって歌ってみるとわかるのですが、基本的にコードのなかの一番高い音(トップノート)を認識して歌っていると思います。

つまり1小節毎にコードが変わる進行だとするとそれぞれのトップノートの全音符のメロディーがなっていると考えることができます。

例えばベースのほかにコードしかならないセクションだとすると、全音符のメロディーをつくってその下に
残りの構成音を積み下げて行くのです。

ここで自分のセンスでメロディーを広げるのもいいです。

でもそのセクションの後にでてくる歌やメロディーに関連づけるとより面白いと思います。

メロディーの音形をゆっくり全音符でなぞってみるとか。

そうするとメロディーがなり始めた時にコードのボイシングがそのメロディーを予測するものだったということがわかるように仕掛けを作ることができます。

コードだけの部分とメロディーが入ってきた部分に関係性をもたせるのです。

トップノートとメロディーの対位法

さらに今度はメロディーラインが別にある場合

コードのトップのノートをメロディーとして見立てたままメインメロディーとの間で対位法で考えます。

対位法の説明をしようとするとちょっと尺がたりませんが

超大雑把に言っちゃいますと

「コードの変わり目で3度か6度で重ねる。」

っていう感じでもこのケースでは結構行けると思います。

メロディーはコードの構成音にくわえてテンションの音まで鳴りえますからコードのトップノートをきちんと選ばないと響きが汚くなってしまいます。

他の楽器から逃げる

さらにはメロディーがあって他に対旋律もあったりするような場合はどうするか。

他の楽器がなっているところをさけてトップを選んでいくという方法もあります。

だれもやってないところに行くということです。

そもそもアレンジの基本として(音作りではなくアレンジ)、音は重ならないように作っていくべきです。

メロディーと対旋律で2つの音がなっているとすると概ねコードの残された構成音は1つか2つしかないことが多いです。

そこをコードのトップノートにしていくという考え方です。

__
突き詰めればもっと考え方はありますし、上辺だけをさらった感じかもしれませんが、何となくでいつもやることを意図をもってやることで次の段階が見えてきます。

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽理論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一般的に曲の中でダイアトニック以外に使うコードのまとめ

ポップスの作曲において勉強を1からはじめると、まずはダイアトニックコードを使って曲を作りはじめます。 その後使えるコードが増えて行くですが、結果的にひとつの曲ひとつのキー(調)のなかで使いうるであろう …

曲のキーを最速で調べる方法

今日は基本的なことをすごく簡単に。 既存の曲をコピーしたり自分の曲を作ったりしているときに、最初に分かっていないといけないことはだぶん一番重要なことはその曲のキー。Key。 曲のキーが分かってさえいれ …

ドミナントから始まってるように見えるブルース進行、Pharrelの”Happy”とか

ブルース進行について。 なんかブルースって聴くとかなり渋い感じのイメージですが、特にアメリカで最近売れてる曲でもそのエッセンスがよく使われます。 Sponsored Links この記事でも触れました …

Zedd&Alessia Cara “Stay”の耳コピをしたらサビの2小節だけで十分面白かったので報告

最近は流行っている曲をチェックして勉強するようにしています。 今年に入ってから依頼してもらえたお仕事がEDMとヒップホップばかりなので、 おそらく今はそこに自分が求められていると考えて日々精進してます …

名著「ベース・ラインで迷わない本」がDTMでもすごく使える

「ベース・ラインで迷わない本」、何年か前に購入して少しやってて、日本から自炊してデータにして持ってきてました。 最近になってすごく役にたったので僕なりのこの本の使い方を書いておこうと思います。 Spo …

まだデータがありません。

スポンサードリンク