音楽理論

音楽理論的にPunkとFunkは似てると言い張る

投稿日:

90年台中盤ごろのことですが、当時のミュージシャンの志向の移り変わりを「Punk goes to Funk」という言葉で表していた時期がありました。

これはパンクで有名になったミュージシャンはその後ファンクっぽくなっていくというもの。

Sponsored Links

たぶんロッキン・オンとかスヌーザーとか当時影響力の強かった雑誌メディアの記者が言い出した言葉だったとおもいます。

実際にはファンクというよりもヒップホップやサンプリングミュージックに変わっていくミュージシャンが多かったのは間違いないです。
当時のブラックミュージックを一括りにファンクと呼んだ感じでしょう。

確かに、90年台後半は容量の大きいサンプラーやコンピューターの性能が一気に飛躍した時期ですので、多くのミュージシャンがそこに可能性を見出したのは想像できます。

ところで音楽理論だけみてもPunkとFunkは意外にも似てます。

Punkの3コード

コード的に超大雑把に言えばPunkは3つのコードだけで作れると言われます。
キーをCにして言うと
C F G とか C F Em です。

正直、実際には厳密にこれだけで作られている曲は思い浮かびませんが(!)
このコードのパワーコードだけで弾くことはできます。
ギターでこの進行を8分でジャジャジャジャって弾くだけでPunkっぽくなります。

 

 

Funkの3コード

それに対してFunkの代表的なコード進行はブルース進行というもの。

キーC/Amで使うコードは
C7 F7 G7

パンクの3コードを全部セブンスにしたもの。
これを12小節単位でじわじわ展開します。

説明はこちらのサイトhttp://www.plainliving.jp/kudoi/kudoi18.htm
に分かりやすくまとまってました。

Punkの3コードをセブンスにして、焦らしながらやるのがFunkです。

そこだけ見るとすごく似てます。

実際にはFunkのほうがPunkよりも10年位登場が早いですが、この2つの音楽に共通して言えることは不良の音楽だったこと。

勉強嫌いの不良少年が気の向くままに楽器をならした音楽っていうイメージだということです。

最初にコードをいくつかだけ覚えてしまえば、あとはそれをこねくり回していくらでも作っていこうとしているような自由さと、その外には行けない不自由さの両方が感じられます。

Funkの3つのコードはすべて7thですから、一般的な音楽理論にあてはめるとコードごとに転調していることになります。
にもかかわらず、どうして7thが選ばれたのか?

一説には耳の良かった黒人ミュージシャンにはコードの基音の倍音が聞こえてしまっていたからという説があります。

例えばドの音の倍音を一つずつなぞって行くと最初に出てくるコードの構成音以外の音はシ♭です。

倍音 (Wikipediaより引用)

 

だから耳の良かった黒人ミュージシャンはCの中に既にC7の響きを感じていて、かつ彼等は不良だったから音楽理論なんか無視して聞こえてくるシ♭を足したのではないのかということらしいです。

いつの時代も新しいものを作るのは不良たちなのかもです。

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽理論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドミナントから始まってるように見えるブルース進行、Pharrelの”Happy”とか

ブルース進行について。 なんかブルースって聴くとかなり渋い感じのイメージですが、特にアメリカで最近売れてる曲でもそのエッセンスがよく使われます。 Sponsored Links この記事でも触れました …

作曲編曲の中でコード楽器のヴォイシングをどう決めるか

曲の中でコードを引く時、多くの場合鍵盤。 何を基準にボイシングをきめればいいのかという疑問があると思います。 Sponsored Links ボイシングとは何か? 日本語で展開型です。(転回形なのかな …

五度圏表でわかることをまとめたゆるい表

作曲にかかせない表、五度圏表。 この五度圏表が手元にあれば分かる事を全部書き連ねてみたいと思います。 Sponsored Links 五度圏表はその名前が示すとおり右に5度ずつ(半音8個)ずつ増えてい …

すぐに譜面が読めるようになりコードの構成音も同時に分かるようになる方法

5mm方眼のノートの記事でも書きましたが譜面を書く習慣をつけると便利です。 アイデアをぱぱっとメモれます。 作曲しててなんかイマイチっていうときに何が悪いかが分かります。 Sponsored Link …

Zedd&Alessia Cara “Stay”の耳コピをしたらサビの2小節だけで十分面白かったので報告

最近は流行っている曲をチェックして勉強するようにしています。 今年に入ってから依頼してもらえたお仕事がEDMとヒップホップばかりなので、 おそらく今はそこに自分が求められていると考えて日々精進してます …

スポンサードリンク