音楽理論

ドミナントから始まってるように見えるブルース進行、Pharrelの”Happy”とか

投稿日:

ブルース進行について。
なんかブルースって聴くとかなり渋い感じのイメージですが、特にアメリカで最近売れてる曲でもそのエッセンスがよく使われます。

Sponsored Links

この記事でも触れました。

ポイントは7thからはじまること。
4度下の7thへ動くこと。

C7→F7
この進行がこのブルース進行っぽい雰囲気を作ります。

一般的にブルースやファンクは上の図のように12小節で展開していくものが多いのです。

いかにもアメリカな今となってはちょっとださいけど、コテコテな感じになります。

普通は7thはドミナントからトニックに戻るためのコードだと考えるので初っ端から7thが出て来るのでナニコレ感がありますね。

これって一見するとメジャーダイアトニックコードの中でドミナントからはじまるコード進行のように見えてしまいます。

2つ目の7thがとくに7thをならさずにメジャーの音だけなってたり、4度下の7thに行かず別のコードに行ったりするするから。

最近の曲ではこの頭の7thだけをつかってブルース進行感を出しながら、その後ブルース進行ではないコードに行くことで古臭さを感じさせないようなコード進行の曲をよく見ます。

AppleのCMでも使われてるこの曲は基本C7 Gm7っていうループでできてます。

2-5進行がさかさまになったコード進行なのかなと思ってました。

しかしブルース進行にのっとって考えると

C7→F7っていうブルース進行からF7が並行調のDm7に変わったって考える方が自然みたいです。

大ヒットしたこの曲のAメロも7thコードから始まります。

F7 Bb C

これは冒頭に書いたブルース進行そのままです。

最初のコードだけ7thにしてあとはコテコテ感をなくすためにメジャーコードになってます。

ブラック・ミュージック特有のコールアンドレスポンスする感じが出しやすくなります。

ほとんどソロで歌ってそのあとバックトラックがフォローするっていうのを繰り返す感じです。

シンプルなループで引っ張れます。

ボーカルの中で情報量を突っ込まないとしょぼくなってしまうので、日本ではあんまり見られないのかもしれません。

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽理論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名著「ベース・ラインで迷わない本」がDTMでもすごく使える

「ベース・ラインで迷わない本」、何年か前に購入して少しやってて、日本から自炊してデータにして持ってきてました。 最近になってすごく役にたったので僕なりのこの本の使い方を書いておこうと思います。 Spo …

Zedd&Alessia Cara “Stay”の耳コピをしたらサビの2小節だけで十分面白かったので報告

最近は流行っている曲をチェックして勉強するようにしています。 今年に入ってから依頼してもらえたお仕事がEDMとヒップホップばかりなので、 おそらく今はそこに自分が求められていると考えて日々精進してます …

音楽理論的にPunkとFunkは似てると言い張る

90年台中盤ごろのことですが、当時のミュージシャンの志向の移り変わりを「Punk goes to Funk」という言葉で表していた時期がありました。 これはパンクで有名になったミュージシャンはその後フ …

一般的に曲の中でダイアトニック以外に使うコードのまとめ

ポップスの作曲において勉強を1からはじめると、まずはダイアトニックコードを使って曲を作りはじめます。 その後使えるコードが増えて行くですが、結果的にひとつの曲ひとつのキー(調)のなかで使いうるであろう …

作曲編曲の中でコード楽器のヴォイシングをどう決めるか

曲の中でコードを引く時、多くの場合鍵盤。 何を基準にボイシングをきめればいいのかという疑問があると思います。 Sponsored Links ボイシングとは何か? 日本語で展開型です。(転回形なのかな …

スポンサードリンク