音楽制作

はるか遠くから聞こえてくるような音の作り方

投稿日:

今参加してるプロジェクトで太鼓の音が遠くから聞こえてくるという状況を表現しないといけないシーンがあったのですが、そこでやった方法をかいていおきます。

Sponsored Links

今回はLOGICに付属しているデフォルトのプラグインだけで再現してみます。

大まかな流れはEQ→コンプ→リバーブです。

1.EQで上下をカット

音源から離れれば離れるほど高域と低域は消えて行きますので、まずはその部分をシュミレートします。

すべてのプラグインを使う際に言えることですが、処理をした後に処理前の音と聴感上のボリュームが同じになるようにプラグインのマスターを随時調整するようにしましょう。

遠くから聞えて来るようにできたと思ってたらただ音が小さくなってただけだったってことになりかねませんので。

2.コンプで潰す


スレッショルドをかなり低くして潰します。極端に潰したほうがいいです。

Ratioは音源によりますがあまり上げない方がいいケースが多い。

1でカットした後に生き残った音が長い距離の空気抵抗を受けて前後が混ざってしまう感じをシュミレートします。

3.複雑なリバーブをかける

最後にリバーブです。

複数のリバーブをかけるのがいいだろうと思っていましたが、LOGICのSpaceDesignerで屋外をシュミレートしたプリセットを使ったほうが、距離感を出せました。

__

両方を同じくらいの小さめの音で聴くと効果がわかると思います。

Before


After

 

今回は効果音に対する処理なのでかなり極端にかけています。

楽曲制作の中で、各パートの奥行き作りがうまくいかない時のオプションとしても使えると思います。

 

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽制作の御依頼について

ご要望にそった音楽を制作致します。 クラシック、クラブミュージック、ポップス、ロックと幅い広く対応しており 現在主にWEBCMやYouTube映像で使用するためののBGM、アプリ用のBGM、効果音、イ …

打ち込みの曲のクオリティーが上がる空気録りテクニック

DAWで曲を作っていると、曲の中で使われた録音素材がすべてコンピューターの中から出てきたものになっているという状況つまりPC内ですべて完結してしまっている状況は多いと思います。 Related Pos …

音楽家にとって5mm方眼ノートは良いものです

基本的に制作の記録は全部残すようにしています。 コード進行をどう変えたかとか、サンプルを使ったなら何から取ってきたのかなど。 文字で残せることは全部Evernoteに書いてるのですが、譜面や図は紙に書 …

ミキシング作業のムダをなくすA/Bテスト

シンセをいじってるときや、EQやコンプで音を作っているとき、あらゆるDTMの作業のなかで重要なこと書いておきます。 それはズバリ、A/Bテスト。 Sponsored Links A/Bテストとは現状や …

話題の書籍「アイデア大全」は作曲大全だった

出版されてから欲しくてたまらなかったものの、帰国するチャンスも当分なかったのでAmazonで買って自炊業者に送ろうかと思ってた矢先Kindle版が出てました。 アイデア大全という本、いま巷ですごい話題 …

スポンサードリンク