音楽制作

はるか遠くから聞こえてくるような音の作り方

投稿日:

今参加してるプロジェクトで太鼓の音が遠くから聞こえてくるという状況を表現しないといけないシーンがあったのですが、そこでやった方法をかいていおきます。

Sponsored Links

今回はLOGICに付属しているデフォルトのプラグインだけで再現してみます。

大まかな流れはEQ→コンプ→リバーブです。

1.EQで上下をカット

音源から離れれば離れるほど高域と低域は消えて行きますので、まずはその部分をシュミレートします。

すべてのプラグインを使う際に言えることですが、処理をした後に処理前の音と聴感上のボリュームが同じになるようにプラグインのマスターを随時調整するようにしましょう。

遠くから聞えて来るようにできたと思ってたらただ音が小さくなってただけだったってことになりかねませんので。

2.コンプで潰す


スレッショルドをかなり低くして潰します。極端に潰したほうがいいです。

Ratioは音源によりますがあまり上げない方がいいケースが多い。

1でカットした後に生き残った音が長い距離の空気抵抗を受けて前後が混ざってしまう感じをシュミレートします。

3.複雑なリバーブをかける

最後にリバーブです。

複数のリバーブをかけるのがいいだろうと思っていましたが、LOGICのSpaceDesignerで屋外をシュミレートしたプリセットを使ったほうが、距離感を出せました。

__

両方を同じくらいの小さめの音で聴くと効果がわかると思います。

Before


After

 

今回は効果音に対する処理なのでかなり極端にかけています。

楽曲制作の中で、各パートの奥行き作りがうまくいかない時のオプションとしても使えると思います。

 

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミキシング作業のムダをなくすA/Bテスト

シンセをいじってるときや、EQやコンプで音を作っているとき、あらゆるDTMの作業のなかで重要なこと書いておきます。 それはズバリ、A/Bテスト。 Sponsored Links A/Bテストとは現状や …

音を前に出したい!とりあえず、NewYorkコンプレッションで解決するかも

わりと有名なのかもしれませんが、ドラムの音処理で役に立つテクニックを書きます。 Sponsored Links その名もニューヨークコンプレッション。 ニューヨークのエンジニアがやってて、もともとはモ …

iZotope動画 10 Tips for Creating Better MixesのまとめPart1

この動画がミックスに関してすごく面白かったので、適当な和訳とまとめを書いて見ようと思う。 このシリーズはNutrionやOzoneを販売しているiZotopeによる動画。iZotopeは他にも良質なチ …

意外と知られていないリファレンスのテクニック3選

タイトルに3つのとか数字を入れた方がいいってネットで読んだので入れてみたら、結婚式に会社の上司が言いそうなやつになってしまいました。 今日は音楽制作におけるリファレンスについて書きます。 Sponso …

AutoKeyboardで作曲時間短縮

膨大なサンプルパックからサンプルを選ぶとき選択肢が多すぎて自分で一から作るよりも時間がかかるケースって結構ありますよね。 そんな時に便利なソフトを見つけたので書きます。 Mac用です。 Sponsor …

スポンサードリンク