音楽制作

ハンズ・ジマー風ピアノ音の作り方、velo下げvol上げ

投稿日:

知ってる人は読まなくてもいいようにタイトルで全部書き切っちゃってます。
プラグインによるピアノの音作りに関してです。

Sponsored Links

今回作りたいのは、ハンズ・ジマーを始めとするアメリカ映画の作曲家の楽曲の中でここ数年よく使われる、古びたような非現実的なピアノの音です。

典型的な楽曲だとこの曲でしょうか。


ぱっと聞いた感じでEQで上をカットして作られているように感じますが、いざそうやってみてもなかなかこの感じは出ません。

そこで使われる方法が
すごく低いベロシティーで打ち込んでその分ボリュームを上げるという方法です。

※ベロシティーとはMIDI情報を打ち込む際にどのくらいの強さでその音を鳴らすかという数値です。
多くのプラグインにおいてベロシティーが大きくなれば一般的にボリュームが上がりますが、同時に音色も変わっていきます。

フェーダーを限界まで上げても十分に音量が取れない場合が多いのでEQ等をボリューム上げだけのためにインサートするといいです。

一般的にMIDIキーボードで打ち込んだ場合、ベロシティー70から100周辺で鳴った音を判断基準に音選びをしてしまうケースが多いです。

ベロシティー10から30くらいでどういう音がなるかを確認せずに音作りや音選びをしてしまいがちです。

実際、ピアノは強く弾くほど倍音が多くなっていきます。

つまり弱く弾くほど、倍音の少ないサイン波のような音に近づいて行きます。

このサイン波みたいなピアノの音がここ数年のアメリカ映画でよく使われています。

さらに、ピアノが小さく鳴っているときの音色が、周囲の大きな音(オーケストラなど)とバランスが取れている状況というのは通常は起こり得ないです。

その通常では起こり得ない状況であるということが、結果的に非現実感を印象づける要因になるのだと思います。

 

実際にやって見た音を貼っておきます。

音源はPianoTeqでEQはWAVESのQ1です。
和音(ヴェロシティー70前後)
和音(ヴェロシティー20前後)+EQでボリューム上げ
単音(ヴェロシティー70)
単音(ヴェロシティー20)+EQでボリューム上げ
の順でならしています。

これにさらにEQやリバーブをかけて作っていくとよりイメージに近い音が作れます。

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DTMにおける正しい判断=画面を見ないこと

DTMやってる人はみんなPCで音楽を作ってるわけですから、ずっとディスプレイをみながら作業をしているわけです。 今日は判断のたびにディスプレイを見ないことで作曲の質もミックスも向上するってことを書いて …

ミックスバランスを一気に良くする手順とTips

ミックスしていく上で最初にやることはそれぞれのトラックのボリュームを決めてバランスを取ることです。 これにはエンジニアごとに結構ちがったりするんですが、僕が一番しっくり来ている方法を書いておきます。 …

商用で使える海外の無料フリー「映像」素材サイト3選

ストックミュージック(AudioJungleとAudioStock)で販売している曲にプロモーション用の映像をつけてみたのですが、その際に使う素材用の映像をネットで探したところ、海外サイトで結構いい感 …

音楽家にとって5mm方眼ノートは良いものです

基本的に制作の記録は全部残すようにしています。 コード進行をどう変えたかとか、サンプルを使ったなら何から取ってきたのかなど。 文字で残せることは全部Evernoteに書いてるのですが、譜面や図は紙に書 …

ケイシー・ネイスタットの動画からBGMの使い方を学ぶ

2016年一世を風靡したアメリカ人YouTuberといえばケイシー・ネイスタットだと思います。 僕も一時期ハマっててほぼ毎日更新されるYouTube動画(彼はVlogと呼ぶ)を楽しみにしていました。

スポンサードリンク