音楽制作

コンプとエキスパンダーとゲートを一瞬で説明したい

投稿日:

先日WAVESのE-Channelの記事をかきましたが、このプラグインにはコンプと同時にエキスパンダーまたはゲートを同時に使えるようになっています。

WAVES E-Channelの使い方を1枚の画像にまとめました

そもそもコンプとエキスパンダーとゲートはどう違うのか?
同時に使うとどうなるのか?
を書いておきます。

Sponsored Links

これら3つはダイナミクス系のエフェクターでとても似てるんですけどこれを一瞬で説明する方法を発見したので書いておきます。

ここから一瞬です。

原音:おなかいっぱい

コンプ:おなかいっぱい

エキスパンダー:なか

ゲート:っ…っ…

ここまで一瞬です。

Twitterに書けっていわれそうな内容なのですが、Twitterは太字が書けないのです。
コンプとエキスパンダー/ゲートを同時に使うということの意味がピンと来ないかたもいると思うので、これらのエフェクターの役割を書いておきます。

コンプはある音量より大きな音を小さくします。

スレッショルド値を超えた値をレティオの割合で小さくします。

スレッショルドを超えてからアタック時間後に動作し始めて下回ったあとリリース時間間作動し続けます。

エキスパンダーはある音量より小さい音をもっと小さくします。

スレッショルド値を下回る値をレシオの割合で最小でレンジ値まで小さくします。

スレッショルドを超えてからアタック時間後に動作がとまり、スレッショルドを下回ったらまたレシオの割合で最小レンジ値まで小さくします。

ゲートはある音量より小さい音を切ります。

スレッショルドを下回る値を切ります。

スレッショルドを超えてからアタック秒後に動作がとまり、スレッショルドを下回ったらまた切ります。

つまりコンプとエキスパンダーを同時に使うということは

こういうことになります。

 

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハンズ・ジマー風ピアノ音の作り方、velo下げvol上げ

知ってる人は読まなくてもいいようにタイトルで全部書き切っちゃってます。 プラグインによるピアノの音作りに関してです。 Sponsored Links 今回作りたいのは、ハンズ・ジマーを始めとするアメリ …

チャンスオペレーションによる現実的発想法、iTune作曲法について

実験音楽やアンビエント・ミュージックを作る人は知ってるであろうチャンス・オペレーション。これを通常の作曲におけるアイデアの発想方法として(私によって)開発されたのがiTune作曲法です。 Sponso …

ケイシー・ネイスタットの動画からBGMの使い方を学ぶ

2016年一世を風靡したアメリカ人YouTuberといえばケイシー・ネイスタットだと思います。 僕も一時期ハマっててほぼ毎日更新されるYouTube動画(彼はVlogと呼ぶ)を楽しみにしていました。 …

音を前に出したい!とりあえず、NewYorkコンプレッションで解決するかも

わりと有名なのかもしれませんが、ドラムの音処理で役に立つテクニックを書きます。 Sponsored Links その名もニューヨークコンプレッション。 ニューヨークのエンジニアがやってて、もともとはモ …

ミックス時のモニタリングレベルの話

ミックスする際にどのくらいの大きさでモニタースピーカーをならすのがいいのかについて書きます。 Sponsored Links 結論から書くと「モニターボリュームをつねに上げ下げする」ということになりま …

まだデータがありません。

スポンサードリンク