フリーランス

無料で音楽仕事を受ける人に対する個人的見解

投稿日:

僕は映像やCMの音楽に関しては無料では受けません。

自分名義でやってる音楽が自分の音楽だと思いこんでやってきたから、その他の(映像やゲームや広告の)音楽はお金を稼ぐためにやっているので。

ただ無料や格安で受ける人に関しても全く問題を感じません。
むしろアリだと思います。

Sponsored Links

ネットでは相場を下げるクリエーターを避難する傾向って強いですよね。

「無料、格安で学生や兼業のクリエーターが仕事を受けるから相場が下がってしまって本業のクリエーターが食べていけなくなる。」っていう意見。

しかし格安の提案が増える理由は新規参入者のマナー違反や認識不足が原因なのではなくて、単純にクリエーターが多いからです。

沢山の人が音楽を作ったり絵や文章を書いている。

だからそれで仕事を取ろうとする人も増えて価格競争が起こる。

結果値段が安くなる。

つまり需要と供給のバランスがそのポイントで均衡しているということ。

中学校でならった基本的な市場原理です。

その市場原理に逆らって値段を高く維持しようとする行為がカルテル(談合)です。

「利益を維持するためにこの値段より高くで売りましょう。」と販売者同士で協定を結ぶこと。

これは規模の大きな企業間競争においては悪とされます。

しかし規模の小さい企業間競争(例えば商店街の八百屋間でのニンジンの値段とか)では必要悪とみなされます。

この悪と必要悪の境界がどこにあるかというと、結果的に買う人売る人もトータルで見て得する人が多いか否かです。

では、音楽制作の金額を下げる人がいてそれを悪とするか必要悪とするか。

前述したように現状では悪とする傾向が強い。

今まで、規模が小さかった音楽制作という市場において、カルテルは必要悪だったわけです。

現在の音楽制作の規模と制作物やサービスの質を鑑みた人の意見として、ある程度正しいかもしれません。

ただものづくりをする人間として考えないといけないことは、この市場は今後もっと大きくなっていくということ。

若い競争相手は増え、制作で食べて行けるようになった人は基本的に死ぬまで作り続けようと努力します。

そうすると市場規模は大きくなるので次第に談合(カルテル)は悪だとみなされるようになっていきます。

そうなったときに自分を助けるものは、価格競争を防ぐために起こした行動ではなくて価格競争力をあげるために培った技術だと思います。

__

ってここまで偉そうに書いて気づきましたが、新規参入者ってまさに自分のことだし、受けてる金額も長年音楽業界を支えて来た人達と比べたら破格と言わざるをえない。

言い訳記事だったかもです。

 

Sponsored Links

Sponsored Links

-フリーランス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人が何かにハマる理由から見るアーティスト戦略

自分が作ったものにたくさんの人がハマってくれてる状態を作ることができれば基本的にはアーティストもミュージシャンもクリエイターも食べていけるわけですけど、このハマるっていう状態をどうやったら作れるのかを …

稼いでないのにセルビアで一軒家を借りて3ヶ月間DTM漬けの生活を送った夏

2015年の初夏にビザの失効でヨーロッパから出ないと行けなくなった時期がありました。 書類不備、準備不足で仕事の契約(フリーランスビザをとるのに必要)もまったくなかった。 それで日本に帰る飛行機代もな …

10年前と比べて音楽で食べていくのはむしろ簡単になった

コンピューターとDTMとインターネットが普及して、音楽では稼げなくなったみたいな記事をよく見ますがまったく逆ですよね。 Sponsored Links 今の時代に生まれて本当にラッキーだったといつも思 …

結局たくさん作る人には勝てない

ものづくりの分野でよく議論されることに「多作がいいか寡作がいいか」というものがあります。 要は下手でもたくさん作ったほうがいいか、たくさんは作れなくても完成度の高いものだけを発表していったほうがいいか …

音楽家になっても役立つ会社員時代に培ったスキル

会社をやめて音楽家やフリーランスクリエーターになろうと思ってる方に向けて書いてます。 Sponsored Links 僕は過去に10年ほど販売業でサラリーマンしていたのですが、仕事は好きでした。 過酷 …

スポンサードリンク