音楽制作

ローカットの基準とコツ

投稿日:

今回はローカットについて。
ローカットがうまくなるとミックスをすっきりさせて細かい音をきれいに通せるようになります。

Sponsored Links

そもそもローカットとは?

その名の通り各トラックのロー(低域)をカットするという作業です。
ハイパスフィルターやEQを使って行います。

各トラックのイコライジングやコンプでの音作りの中の一環の作業と捉えられがちですが、実は違ってパンやフェーダーバランスを取る前にやるべき作業だという考え方もあって、ぼくもそう考えてます。

つまり
ローカット→パン→バランス→EQ、コンプ
という順序でやる作業の一番最初です。

 

基本全部のトラックにかけるつもりで

すべてのトラックに対してかけるつもりでいて問題ないです。

リファレンス曲を用意して同じくらいのボリュームで鳴らしながらどのくらいカットすべきかを考えていくのがいいと思います。

全トラックなっている状態のリファレンス曲から単体トラックの低域がどのくらい出ているかを聞き取るのはすごく難しいですが、リファレンスと同じくらいにすることを常に意識して探っていけば身について来ると思います。

 

楽曲の用途や流行

一般的に言われている楽器ごとのカットすべき周波数というものもありますが、ジャンルや用途、そのときどきの流行などによって大きく動きます。

例えばHIPHOPのなかで考えてみても分かるのですが、同じジャンルでもどういう意図でその楽曲が使われるかでどのくらいローカットをするべきかは変わってきます。

クラブでかけるヒップホップであれば迫力ある感じに仕上げることが大事ですので、ローカットしつつどのくらい残せるかという視点で考えます。
キックのバリエーションの一つかなと思うくらい低域が出ているスネアがなっていることもあります。
ローカットが足りなければ低域がだぶついて音が濁りますのでそれを避けた上でどのくらい低域を残せるかと考えます。

一方、新製品のCMに使われるようなヒップホップは精細で細かな雰囲気が重要視されるケースが多いですので、可能な限りどこまでローカットできるかという逆の視点で見ます。
ハイハットのアクセント程度にしか印象のないスネアを見ることすらあります。
ローカットしすぎるとやがて曲がカサカサになってしまいますので、それを避けてどのくらいまで切っても大丈夫かと考えます。

 

シンプルで軽いイコライザーを使う

前述の通り全トラックに挿しますので、各トラックにアナライザー付きの重たいEQを使うのは避けたほうがいいです。

WAVES Q1などシンプルで負荷が低くアナライザーなどの音以外の部分にCPUを使わないEQやフィルターを使ったほうがいいです。

より積極的にEQによる音作りを行うトラックに関してのみ負荷の高いEQを使うようにしたほうがいいと思います。

でもアナライザーは使う

しかしアナライザーも必要です。

どのくらい低域が出ているのかはある程度以上の音量やモニター環境でなければ確認できないことが多いです。

しかしアナライザーは上述の通りCPU負荷が高いのでマスターに一つだけ挿しておきます

各トラックをソロで再生しながらマスター上のアナライザーを使って確認するといいです。

最大でも-18db/octで

カットするQカーブですが-18db/octを超えないようにします。

それよりも高いカーブでカットしてしまうと、音像がぶれますので音の芯が見えずらくなったり、変に音の位置が前後によじれてしまうケースが出てしまいます。

 

少なくとも音が変化しないところまでは切るという考え方

ローカットにおいてはどこまでカットすべきかということが常に悩むポイントになるわけですが、よく言われるローカットの手法に「音が変わらないところまではすくなくともカットする」という考え方があります。

EQをオンオフした際に耳で聴いて音が変わらなければ、すくなくともそこまではカットします。

もちろん、それ以上カットするケースは当然あるわけですが、この聞こえない範囲のローカットを終わらせればそこからフェーダーバランスを取る作業に移ってその後に決断することでより正解が見えやすくなります。

 

 

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:

関連記事

話題の書籍「アイデア大全」は作曲大全だった

出版されてから欲しくてたまらなかったものの、帰国するチャンスも当分なかったのでAmazonで買って自炊業者に送ろうかと思ってた矢先Kindle版が出てました。 アイデア大全という本、いま巷ですごい話題 …

ミックスで音がこもっているときの対処法

前回、制作記録の中で書きましたが、高域に関してはマスタリング前にEQで無理やり上げても上手くまとまるし、かえってトラック単体を扱うよりうまくいくケースが割りとあります。 ところが中低域に関してはまった …

WebCMからYouTuberまで、BGMを選ぶ際に考慮すべきこと

一緒に仕事をした映像作家の友人と飲んでたのですが 広告映像を作るの時のBGMの選び方の話を聞いたので補足しながら書いておこうと思います。 映像作る人にも音楽作る人にも役立つのではと思います。 以下一人 …

意外と知られていないリファレンスのテクニック3選

タイトルに3つのとか数字を入れた方がいいってネットで読んだので入れてみたら、結婚式に会社の上司が言いそうなやつになってしまいました。 今日は音楽制作におけるリファレンスについて書きます。 Sponso …

良い曲はいつも情報量が多い

昨今、アニメーションの世界では「情報量」という言葉が重要視されているらしいです。 いかに作品の中に情報量が入っているかということがその作品のある意味での価値基準として使われる。 Sponsored L …

スポンサードリンク