音楽制作

コンテンツIDについて調べてみました

投稿日:

数年前からよく耳にするようになったコンテンツID (Content ID)について調べたので書いておこうと思います。

Sponsored Links

個人的にもBGM制作の依頼を頂く際に「コンテンツIDに引っかかったのでこの曲と同じタイミングで展開する、なるべく近い雰囲気の曲を作って欲しい」という要望を貰うことがあります。

なんとなく「著作権上問題があるものを監視する仕組みみたいなものだろうな」とう認識はしていたのですが、最近よく目にするようになったのと、YouTube周りでの著作権の取扱に関して変化が多いので現在の状況を把握しておこうと思います。

そもそもコンテンツIDとは何なのか?

これはYouTube内での用語です。

YouTubeにおいて著作権を有する既存の音楽や映像(=コンテンツ)が使用されていないかを検知するシステムがコンテンツIDです。

まずコンテンツ(音楽や映像など)の著作権所有者がYouTubeに対して自分の作品であるということを提示して登録します。

そうするとYouTube上に動画が投稿されるたびにコンテンツIDシステムによって、投稿された動画内に「コンテンツIDに登録されたコンテンツ」が使われてないかが照合されます。

登録されたコンテンツIDの作品と一致が合った場合、投稿者に対しては動画に通知が出ます。

一方コンテンツID所有者に対しては対応を選ぶ選択肢が与えられます。

その選択肢とは
1,クリア→何もしない、そのまま投稿された動画は再生され続けます。
2,トラッキング→動画の視聴状況のデータを閲覧します。
3,マネタイズ→動画に広告を入れて収益を発生させます。
4,ミュート→コンテンツIDに該当する音声を再生させないようにします。
5,ブロック→動画を見られないようにします。

要は自分の曲がYouTubeで勝手に使われていたら、
「どうぞ使って」、「データを見させて」、「お金を払って」、「音を消すよ」、「止める」
の中からアクションを選べるわけです。

こうしてみるとコンテンツID自体は作者の作品に対する権利を守る優れたシステムだと思います。

注意すべきことは、自分の作品の利用許諾にそって利用されている場合は1のクリアを選ぶべきということ。

曲が使われたらマネタイズできるわけではない

当然ですが、例えば楽曲にクリエイティブ・コモンズで「クレジットを入れたら何に使ってもOK」と規定しているのなら、その規定にそって使用されている限りは「クリア」(あるいはトラッキング?)を選択しなければなりません。

僕個人で言うとフリーで商用可能で配布している楽曲に関しては商用利用OKでAttiributeライセンスにしています。

つまりYouTube上にクレジット表記なしで使用されている動画を見つけた場合のみ広告を入れてマネタイズしたり、ミュートや停止をさせることができるわけです。

ここにある「マネタイズ」は不正利用に対する報復行為的なものです。

つまり不正に利用された上で広告収入が見込めるほどPV数が上がった動画からの収益が自分に入るということになります。

古いですが以下の記事でAdrev(下記詳細)を使った人のレビューがあります。

このレビューを読む限り214曲をコンテンツIDに登録してそれらの楽曲が使用されている動画が156検出されています。

さらにその動画の中で最も再生されている動画が当時で5815再生。
その動画のみから得た収益がトータル4.73ドル(500円位)とのことです。

 

コンテンツID所有者になるには?

「それでは自分の曲を登録して勝手に使われいように管理しよう」ということでYouTubeまわりを調べてもどこにもコンテンツID登録ページみたいなものがみつかりません

現状YouTubeは個人単位での登録はしておらず、「YouTubeパートナープラットフォーム会社(英語から直訳)」と呼ばれる登録会社を通じてのみ登録できるようにしています。

これらのYouTubeパートナープラットフォーム会社はコンテンツ所有者の代わりに請け負った作品の著作権の登録と管理を行います。

さらに所有者に対してどの動画で該当するコンテンツが使用されているかを伝え、視聴数等のデータを提供し、収益を得た場合はその配布を行います。

YouTubeパートナープラットフォーム会社って具体的には?

これらの登録会社は代表的にものでAdrev、Audiam、TuneCoreといったサービスがあります。

Adrevは登録自体は無料です。収益が発生した場合、その半分がシステム利用料として徴収されのこり半分が支払われます。
https://adrev.net

Tunecoreは日本語でもサービス展開されていて登録の初期費用に1410円がかかり収益の20%が利用料としてかかり、残り80%が支払われます。
https://www.tunecore.co.jp

Audiamはサイトを読む限り75%が支払われるとのことでしたが、ちょっとわかりにくくてネット上にも批判的な意見が多いようでした。上にのせたブログ記事内でも収益がわからにくくかつ想定より少ないようです。
https://www.audiam.com

起こっている問題

現状頻発している問題としては、こういった方法で他人の楽曲を勝手にコンテンツIDに登録してマネタイズするという事例が発生していることです。

結局それを防ごうとすると予め自分でコンテンツID登録をするしか、現状では解決策がないようです。

とはいっても、自分で登録する分にはデメリットはないと思いますので、一切の商業契約のない楽曲をネット上にアップしているのなら登録してみてもいいかもしれません。

__

書いてはみたものの、僕自身はコンテンツID登録をしていませんので記事の内容誤りがあるかもしれません。

ご指摘があればメールやTwitterで言っていただければ助かります。

 

 

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:

関連記事

ミックスで音がこもっているときの対処法

前回、制作記録の中で書きましたが、高域に関してはマスタリング前にEQで無理やり上げても上手くまとまるし、かえってトラック単体を扱うよりうまくいくケースが割りとあります。 ところが中低域に関してはまった …

FutureBassっぽくする条件

FutureBassのご依頼を頂きまして、リファレンス曲を聞きまくったのでその中でFutureBassっぽさを出す上で役立つだろうと思われるチップスを書いておきます。 なお例示するために別途新しい曲を …

DTMにおける正しい判断=画面を見ないこと

DTMやってる人はみんなPCで音楽を作ってるわけですから、ずっとディスプレイをみながら作業をしているわけです。 今日は判断のたびにディスプレイを見ないことで作曲の質もミックスも向上するってことを書いて …

チャンスオペレーションによる現実的発想法、iTune作曲法について

実験音楽やアンビエント・ミュージックを作る人は知ってるであろうチャンス・オペレーション。これを通常の作曲におけるアイデアの発想方法として(私によって)開発されたのがiTune作曲法です。 Sponso …

オートメーションでMIXのクオリティは一気に上あがります!

ミックスは上手くいっているはずなのに、なんとなくパッとしないっていうときは、オートメーションをしっかりやっていないのからかもしれません。 Sponsored Links まずDTMにおける「オートメー …

スポンサードリンク