音楽制作

FutureBassっぽくする条件

投稿日:2017年10月23日 更新日:

FutureBassのご依頼を頂きまして、リファレンス曲を聞きまくったのでその中でFutureBassっぽさを出す上で役立つだろうと思われるチップスを書いておきます。
なお例示するために別途新しい曲を作ってみましたので、それもアップしておきます。

Sponsored Links

ザ・フューチャーベース 

9th11th13thを多用する

How to make FutureBassとかネットで検索すると最初に出てくるのがテンションコードです。
9th 11th 13th を積極的に入れていくとそれっぽさが出てくるようです。
シンセによる中高域のにごりを作ります。
1つのシンセやプラグインでSaw波形のシンセを使うことが重要ですが、概ね2つか3つのシンセを重ねることでそれっぽいい感じになります。

さらにシンセのコードフォームはクローズで。
とにかくコードのパッドの音域に音を詰め込む感じでアレンジします。

ダッキング をベースとシンセに

キックをトリガーに引っ込むサイドチェインをベースと厚いシンセに強めにかけましょう。

昨今のダンスミュージック全般においてダッキングは必須のテクニックではあるのですが、特にFutureBassの場合突発的にキックを抜いた時にもダッキングがかかるケースが多いようです。

トラック中のキックをそのままダッキングのトリガーに使わずに、別途トリガーのためだけの波形をキックと同じタイミングで張ってコンプに送ることでキックを抜いた際にもサイドチェインをかけることができますし、実際のキックの音色を変えずにその波形をいじることでコンプのかかりかたを変えたりできるので便利です。(リリースを伸ばしたり)

わざとらしいタム回し

よくタム回しをドコドコドコドコとか口で表現したりしますが、そういう感じのタム回しがよく入ってます。
トラックを流しながら口でタムのフレーズを歌ってみるとマッチしたフレーズを作りやすいです。

さらにこのタムがすこし他のドラムパーツから浮くくらいMIDIっぽい音色だったり、クリアだったりすることで面白さが出てるケースが多いです。

シャーシャー言わす

シンバルやリバースシンバル、ライザーなど高い周波数を覆っている音がが際限なくなってます。

むしろかぶさってるのが常態でアクセント的に外すくらいの感じの曲すらあります。

シンセパッドでも音をつめましたが、やはりここでも過剰に中高域に詰め込んでいくのがFutureBassっぽさなのかも。

フィルターぐりぐり

基本的にシンセ内部のフィルターをLFOをMIDIノートでコントロールしながら切り替えていくのが本物の作法のようです。

過去記事にMassiveで近いことをやる方法を書いてます。

ただFutureBassっぽいノコギリ波のシンセって複数重ねないと十分な厚みが出ないようでして、シンセ内部のコントロールでやろうとするとややこしいです。

僕はシンセをまとめて1つのチャンネルに送ってそこでフィルターをかけて擬似的にやってます。

音の変化のバリエーションは減りますがこちらの方が直感的に操作できると思います。

例示した曲ではWavesのOneFileterをかけてオートメーションを書いてます。

リバーブをダッキング

これはチュートリアルでは見つけられなかったんですが、ヒップホップの勉強をしてたときに見つけたチップスです。

ネット上にワザとして出てはいないんですけど、曲を聞く限り明らかにやってるだろうと思う曲がかなりあるので書いておきます。

長めのリバーブを作って必要なトラックからセンドで送ります。

でそのリバーブトラックをスネア後や1小節の後半半分はダッキングします。

一瞬時間が止まったような感じが作れます。

 

 

Sponsored Links

Sponsored Links

-音楽制作

執筆者:

関連記事

リバーブの大事なこと3つにまとめました

リバーブはすごく重要なエフェクターですが、僕の場合なんとなくで作業をすすめてしまいがちでした。 友人のエンジニアに聞いたり、本や教材を読んで得たリバーブの知識のなかで重要だと思うことを書いてみます。 …

WAVES E-Channelの使い方を1枚の画像にまとめました

今WAVESのE-ChannelがセールになっててTwitterにどんどん上がってくるので、自分用に使い方を一枚画像にしたものをシェアしておきます。 Related Posts話題の書籍「アイデア大全 …

謎の名画の展示を見に行って音楽制作に役立てられそうだと感じたこと

先日、謎の画家と言われるヒエロニムス・ボスの代表作「快楽の園」のインスタレーションを見に行きました。 Sponsored Links ヒエロニムスは15世紀、オランダの画家です。 当時、公式の画家とし …

音楽家にとって5mm方眼ノートは良いものです

基本的に制作の記録は全部残すようにしています。 コード進行をどう変えたかとか、サンプルを使ったなら何から取ってきたのかなど。 文字で残せることは全部Evernoteに書いてるのですが、譜面や図は紙に書 …

話題の書籍「アイデア大全」は作曲大全だった

出版されてから欲しくてたまらなかったものの、帰国するチャンスも当分なかったのでAmazonで買って自炊業者に送ろうかと思ってた矢先Kindle版が出てました。 アイデア大全という本、いま巷ですごい話題 …

スポンサードリンク